普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

太平洋戦争前に散った日本のリンドバーグ

iinuma

『日本の鳥人』『日本のリンドバーグ』
そうたたえられた飛行士が太平洋戦争前にいた
彼の名前は飯沼正昭(写真右:後ろはプロペラ機)
1912年長野県の農家の出身で、朝日新聞航空部の
花形パイロットだった。
日本が航空技術後進国と見られていた'37年春に
朝日新聞が所有する国産プロペラ機『神風』で
東京ーロンドン間を94時間で横断、
世界最速記録を樹立した。
時は欧州の飛行家が争う用に100時間居る飛ぶことを
夢見ていたのだから

皮肉にも、日本国民の殆どが『神風』といえば
思い浮かべるのは『特攻機』のことであり、飯沼の乗っていた
このプロペラ機でないことは確かだ

しかもこの『空の英雄』は太平洋戦争の開幕から
三日後の'41年12月11日に仏領下のプノンペン
の飛行場でプロペラに巻き込まれて死んだ
が、日本政府は翌'42年1月に彼が任務中に銃弾を受けて
いかにも勇敢に死んだかのような記事を書いていた
なぜか。
'41年、日本軍は南方展開で勢力を送り込んでいた
飯沼はなくなる前にサイゴンで真珠湾攻撃を知る。
そして新聞社の特派員は、『記事を書くために』
現場にかけつけていたという歴史の現実だったのだ
スポンサーサイト

テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

【 2007/04/28 22:25 】

History  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。