普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

力石の『減量』は原作者の苦肉の作だった?


昔の漫画の原作者といえば『梶原一騎』。が
彼はもう一つPNを持っていた、『あしたのジョー』の
『高森朝雄』も同じ人
『どっちでもいいじゃないかぁぁ』
と思いつつストーリー的には『梶原派』だったワタシは
お元気破天荒ながらも義理堅い『侍ジャイアンツ』の
蛮ちゃんはTVでカワイイと思い、梶原原作で実は
魔球を極め自滅してしまう主人公と知りおののいた。
その『梶原節』というか『死への美学』がTVでも残ってる
のがPN変えても『あしたのジョー』

何といっても主人公の矢吹丈の『燃え尽きちまった…』よりも
ライバルの力石の『自分を追い込む過酷な減量』の末に
死んでいくシーンは、世代を超えて、また、あらゆる
アニメのライバルに影響を及ぼしてる。
(個人的に一番顕著だな~と思うのは『F-エフ-』の
の軍馬における聖さんみたいなモノっすね)
かれこれ時は36年前、(このブログ書いてるワタシが
まだ生まれてない(爆))3月24日に『力石さんのお葬式』が
文京区の講談社で開かれて以来、力石さんの『命日』は
必ずファンが追悼してるというのだから、
一マンガのライバル役の『命日』をこれほど追悼する国
ってのはないだろう。
が、この力石の『過酷な減量』実は、原作者の高森氏こと
梶原氏の『偶然の産物』だったらしい。

少年マガジン連載時に、丈が少年院を脱走して
豚の群れを暴走させるシーンで、力石がその群れを
止めるシーンが二人の出会いだった。
力石が『体を張って止めた』のを描きたかったちば氏は
力石を丈よりも威圧感のある大柄の男に描いた。
原作者の高森氏は、
『将来プロのリングで戦うのにこの体格さだとマズいだろう』
と頭を抱える、これでは同じ『階級』にならない。
一方、作画担当のちば氏は力石は
『丈の少年時代しか出ない人間』としか考えてなかった
で、物語のつじつまを合わせるために考えた苦肉の策が
『減量』だった。これが結果的にファンの心を掴み
力石は『伝説』になろうとは思ってもいなかっただろう。
スポンサーサイト

テーマ:なつかしい「マンガ」を語ろう!! - ジャンル:アニメ・コミック

【 2007/03/31 18:49 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。