普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

エッフェル搭~設計したのは別の人~

エッフェル搭、いわずと知れた『エッフェルさん』が作ったから
この名前なのだけど、
設計したのはステファン・ソーヴェストル、
および構造を担当した技師モーリス・ケクラン
であり、
エッフェルはその建設を請け負ったエッフェル社の代表である。
じゃぁ、設計者を差し置いて『有名』になったワケは

当時のおフランスの建築業界は日本のとび職真っ青の階層社会
都市景観をデザインするのは建築家というエリートだけ
エッフェルさんのような『土木技師』はおよびでなかった。
名門校にスベり第二志望のエコール・サントラルで技術職を学び
’66年に鉄道資材会社から独立して会社設立。が
パリのコミューン運動にひっかかり、国外のオシゴトが
殆どなく国外活躍ということもあった。
パリ・オルレアン鉄道の技術者を務め、
多くの鉄橋・駅舎(ガラビ橋、パリのメトロのリヨン駅など)
の設計にかかわり、鉄骨の構造を大胆に剥き出しにした
巨大建築物を施行。
が、鋼鉄を素材とし用いたものは比較的少ない。
1885年 に建設に着手したモランヌ橋のほか数点のみである。
しかも彼の技術者としての経歴は全てが順風満帆と
いうわけではなくエッフェル搭お仕事依頼前の1884年には
タルド河のエヴォー高架橋を

建設途中に倒壊させる大事故を起こしている。

フツーこんな会社がパリ万博のモニュメントタワー
作れんだろうか…

この頃の建築家のトップはエコール・デ・ボザール
(美術学校)をでた建築家がローマ風の石造建築の
図面を書いていた。
1887年 から1889年にかけて、革命百周年記念となる
パリ万国のモニュメントを作るコンペティションが行われた。
対抗馬は建築家のジュール・ブールデ、
彼は350メートルの石造りの建物から
ライトアップするつもりだった。
現代で考えればタダのアンティークな建物のライトアップ

終わって観光客もこんなに来ないだろうし、
万博終了後よくて一階部分はどこかのDCブランドの
路面店が入り、日本人オババに将来あらされる
ことになったろう。
エッフェルには自分トコのお抱え設計士のステファンと
技師のモーリスに設計構築をまかせ2年2ヶ月という
この頃にしては超ド短期の工期でタワーってモノを
建ててしまい、建築家のドキモを抜いてしまった。
今からすれば、孫受け会社の平社員数名が、大手土建会社で
現場代理人ヌキで一から仕事を全部こなしてしまったと
思ったらいい。
その責任の一環をしょったのは社長のエッフェル
ギリシャ、ローマ、どの古典建築とも縁もゆかりもない
タワーを橋げた技術を生かしてセーヌ川の芝の上に作り上げた。
それだけに建築業界のイケズもすごかった。
反対派の一人モーパッサンにいたっては
『ここが一番のお気に入りの場所だ、エッフェル搭を
見なくてすむからね』

などと京○人も蒼くなるイケズをのたまった。
エッフェフは完成後20年間のリスクを全て請け負うという
異例の条件をのみ
なんじゃかんじゃと『壊そう』とする建築家に、
あえて搭が『美しい』とはいわず『利用価値のあるシロモノ』
であることを売りとした
搭の中に自分の研究室も作ったし、最終的には無線搭になった。

この功績が認められ、彼は自由の女神の内部構造の設計に携わり、
同年には民間技師協会の会長に就任。
おフランスのつまらない階層社会を砕いたのは何もエッフェルさん
一人の努力じゃない、優秀な社員いてこそだったのだ。
それでも『技術や設計者』の名前じゃなくてエッフェルさん
の名前が最終的に残ったのは、
『完成した搭を残すことに尽力をそそいだ』というのも
あるんだろうなぁ…見てもらって利用してもらってこその建築物
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2007/03/16 18:14 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。