普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

自分の国の過ちを認めるのが愛国心


世界中が、ワケ判らんままに『魚の方がカラダに良いらしい』
と、余計なコトに目覚めたお陰で、200海里以来の漁業危機に
立ってる日本。
昔は『猟師』というと、『200海里』もへったくれもなかった
から,近海漁業以外は遥かロシアまで行って、運悪ければ
帰ってこれなかった人もいた。そこまでして、日本の食卓は
支えられてきた。

日本の反核運動の引き金となった『第五福竜丸事件』も
まだ『200海里』が制定されていなかったことや、
猟師たちが、何としてでも自分たちが国に戻ることで
事実を白日のもとにさらさなければという使命感で、本日まで
ささえられて来ている。'06年現在、乗組員の内11名の方が
存命だが、重い障害は隠せない。
時は、’54年3月1日。太平洋マーシャル諸島ビキニ環礁沖で
アメリカ水爆実験にあった,規模は広島原爆の11倍。
遠洋マグロ漁船『第五福竜丸』の乗組員23人が被爆。
半年後、、無線長の久保山愛吉さんが亡くなったことが、
きっかけとなった。
その六年後、画家ベン・シャーン(1898~1969)が
『ラッキー・ドラゴン・シリーズ』と題して、第五福竜丸の
絵本を描き出し、今回、翻訳に当たることになった、
今回、東京在住の詩人、アーサー・ビナードさんが幼少の頃
原書を目にすることになった。

ビナードさんにとって乗組員全員の帰還が不思議で
ならなかったという。
『軍事機密に触れた船を米国が察知すれば撃沈したはず。
それを帰港まで明かさなかった。あれほどの危機的状況の中で
冷静に行動し事件を世間に手渡した。
核の冬を今、回避できるのは23人のお陰といっても過言じゃない』
その中でこんな一文がある

『久保山さんのことをわすれないと/ひとびとはいった/
けれど、わすれるのを/じっと待ってるひとたちもいる』


米国人は事件を知らない、日本の若い世代の人は知らない。
健忘症社会の中、『マズいことは忘れよう』と
しむけられている恐ろしい世の中になりつつある。
その中には、原作者の画家、ベン・シャーンがこめた
メッセージもある。
米国が各地で戦争をふっかける度に、どこかの国で民主主義が 壊れていくと。またビナードさんはこう語る。 『僕が、イラク戦争は侵略だと言えば、米国人なのに反米ですかと 言われた。批判こそ本当の愛国心なのに』
スポンサーサイト

テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

【 2006/09/26 12:48 】

Culture  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

コメント

--- 批判こそ愛 ---

私も先日、新聞の記事で読みました。察知すれば撃沈ってさすがアメリカだと思いました。知らないというより知ろうとしないのが問題と思います。学校教育が悪いとかではなく。ネット社会にあっても、やっぱり新聞て重要なんですよねぇ。
yucky  *  URL[編集] 【 2006/11/01 23:25 】
--- 本屋さんで立ち読み ---

してた所に某朝○の記事が
出ました。現代社会か、歴史の
授業で習った第五福竜丸事件。
でも、最近は受験科目優先で
学校の必須科目の履修漏れとなり
現代社会や、近代史を学ぶ機会は
なくなりつつあります。
こんなことで、今の高校生って
新聞を読めるのかなと。
日本史学年でトップだった
stringfellowの思い入れでした。
stringfellow  *  URL[編集] 【 2006/11/09 22:33 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。