普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

かつての盟友が語るヴィン・ラディン~イブラビム・サヌーシ~

samushi
『オサマがスーダンに留まっていれば同時多発テロは起きなかった』
'92年にスーダン与党、民族イスラム戦線幹部だったイブラヒム・サヌーシは
首都ハルツームで、かつての盟友・ビン・ラディンのあっけない最期を知った。

『スーダンに居ればオサマは我々のもとで事業に熱中していたかもしれない。
戦乱の続くアフガンの激しい環境が彼に戦いの道を選ばせた。
追い込んだのは米国と国際社会だ』


ビン・ラディンが東西冷戦時の'80年代、イスラム義勇兵としてアフガンに渡り
米国に翻弄されてきたことは記憶にも新しい。
ソ連と戦い、間接的に米国の支援を受け、母国サウジアラビアとも協力関係にあった

しかしオサマが帰国した'91年、政情は変わる

湾岸戦争が始まり、サウジが『異教徒』である米国の駐留を認めたことを批判した
ヴィン・ラディンは国籍を剥奪され、スーダンに渡った。
要は国の利益の為に、宗教もへったくれもなくなった事実をついただけなのに
御国を追い出されたというワケなのだ。

この時点で、ヴィン・ラディンの敵は完全に米国に変わってる。
なんちゅーても祖国サウジをめちゃくちゃにして、
一家離散に追い込んでるから。

家族の中には彼と二回しかあったことがないのに苗字だけで
『テロリスト』扱いをうけた人もいる
遅すぎないうちに遅すぎないうちに
(2004/09)
カルメン ビンラディン

商品詳細を見る

その怒りの矛先をヴィン・ラディンは最初、米国にいじめられてた
スーダンに向けた、よしこの国を復興させてギャフンと言わせたれ。
幹線道路の整備や空港建設、当時のバシル政権は、せっせと働く
ヴィンラディンを重宝した

しかしバシルは手のひらを返したかのようにヴィンラディンを追い出すのだ
何で?というと、経済制裁、経済的いじめである。
欧州や日本がスーダンへの進出を控える中、中国国営製油会社CNPCが
ここぞとばかりにスーダンにビジネスの機会を求めて進出してきた

シリアナ [DVD]シリアナ [DVD]
(2006/07/14)
ジョージ・クルーニー、マット・デイモン 他

商品詳細を見る

映画『シリアナ』の世界そのまんまである。
マット・ディモン演じる米国人ビジネスマンが会社を裏切ってサウジの王子に
中国経由で石油パイプラインを引いたらどうだ?と提案するシーンがあるが
まさしくそれなのだ

そんな国際間の燃料闇ビジネスの中で、『知りすぎた男』ヴィン・ラディンは
邪魔者になった
バシルは米国とサウジに身柄引取りを持ちかけたが拒否られ、
ヴィン・ラディンは故郷を失い、タリバーンへと身を落とした

全ては国策に1人の男を利用した、国の責任だ。

ヴィン・ラディンは、そこからエジプト人過激派・アイマン・ザワヒリと共に
米国に対する『宣戦布告』を出し、'98年にはケニア及びタンザニアの
米国大使館爆破テロを遂行、そして米国同時多発テロが起きた

アフガン、イラクでは今でも流血が相次ぐ、
しかし独裁政権が倒れデモに熱中する青年らはヴィン・ラディンに関心を示さない
アラブの春と言われた、5月2日、パキスタン北部のアボタバート
妻の目の前で殺された国際的テロリストの死を悼むのはかつての盟友のみ

存在を殺す事は簡単な一面もある、しかし、何かを守らなければ歴史は繰り返す。
ビン・ラディンを探せ! ~スパーロックがテロ最前線に突撃!~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]ビン・ラディンを探せ! ~スパーロックがテロ最前線に突撃!~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]
(2011/01/26)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:テロリズム - ジャンル:政治・経済

【 2011/09/11 11:33 】

History  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。