普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

『もったいない精神大事』サンケイスーパー社長・水野二三雄さん

fumio_mizuno.jpg
賞味期限おっかなくきれてる食品バカウレ状態
たら響きわるいかもしれんけど。そんな店がある。
『店の一角にそのての商品を市価の半額以下で提供してる』
というのが正しいのだけど。
食味期限偽造などが判明する中、東京・亀戸にある
『サンケイスーパー』ではそうした食品を『もったいない食品』
として売っている

きっかけは七年前、大手冷凍食品メーカーの冷凍トラックが
店の前に止まり
『都内の冷凍倉庫を統廃合することになった、
ただでいいから商品を引き取ってくれ

と懇願されたことだった。
トラックいっぱいの冷凍食品の中には
最大賞味期限4年すぎてるものも(滝汗)
『ウチがひきとらなきゃホカすんだろ』とここの社長ひきとった。
こわごわと食べてみたらウマい。
冷凍庫では零下37度で保存してたから何も問題なかったそうな。

これなら大丈夫と、売り出した社長。
しかも!堂々と『賞味期限きれとるで』って言って(爆笑)、
保険所はもちろん飛んできた
社長も社長で『この商品もってかえって問題あったら何かいってよ』とな
トラックいっぱいの商品は一日半で完売、価格は市価の1/10で販売してたそうな

スーパーというのは2万ぐらいの食料品を入れるのだそうけれど、
全部が賞味期限内に売れるわけではない
売れのこりはペナルティを払い、返品するのだが、全部廃棄
『まだ食べられるのにもったいないなぁ』という意識は
経営者としてもあったという
この一件以来、試食した上で、賞味期限ぎれの食品を市価の半額で
発売すると喜ばれるようになったという。前の日に出すと翌日完売。
売れ残りが少なくなるように、仕入れを慎重にする意味でもいいのだという
従業員が一度試食することで、食中毒という被害は一度も出ていない
万が一そのようなことがあっても、スーパーというのは団体保険に入っているので
治療費などの損害保険は出せる上、賞味期限切れというのを任意の上で購入する
客のサイドにも責任のいったんはある

そもそも『賞味期限』が義務化されるまでは自分の五感で食料の安全を確認していた。
こうした『期限』はおいしく食べられる目安としてつけられたものであり、
人間の『五感』を鈍らせているとも社長はいう。
でも、サスガに油モノで賞味期限何年もすぎてたら『あぶらまわってて』あたるだろうな
とは思うけど・・・
スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

【 2010/04/30 20:19 】

Food  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。