普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

クイール


松竹系列は動物ものをよく配給するんだろうか。
「子きつねへレン」を配給した映画館で前に「クイール」
を上映していた、犬が好きなのでやっぱり涙なしで
見られない。
都内の住宅で古美術店を営む水戸(名取裕子)の家の
ラブラドルレトリーバーから元気な子犬が生まれた
この子供たちをどうしても盲導犬にしたいと、
盲導犬センターの訓練士、多和田(椎名桔平)に
毎日のように電話をかけては断られる彼女の足元で
はしゃぎまわる子犬たち。
『おいで、と声をかけても注意深くしてから
来る子は盲導犬の才能がある』
最終的に渋々折れた、
多和田の言葉を信じ、彼女は六匹の子犬たちに
呼びかけてみた。一匹だけこない・・・お腹に鳥の
羽ばたくブチのあるラブラドルレトリーバー・・・
この子は運命の子なのかもしれない・・・
都内の彼女の家から、育ての親である、
パピーウォーカーの仁井夫妻(香川照之・寺島しのぶ)
のところに引き取られてきた犬は『クイール』・・・
鳥の羽と名づけられ、一歳の誕生日まで大切に育てられた。
そして盲導犬となるべく訓練センターでの生活を始め、
多和田訓練士(椎名桔平)の訓練を受ける。
色々な所でてこずらせるクイールだったが、盲導犬の
基本は待っていることというのをある日、ひょんな
ことからクイールを置き去りにしてしまった多和田は
見かたを変えて、訓練するようになった。
この子は褒めてやればいいんだと・・・
クイールは、そんな多和田の思惑で、盲導犬を断固拒否
していた渡辺(小林薫)のパートナーになることになる。
渡辺は糖尿病で失明して以来、白杖一筋。クイールの
パートナーに決まった後も、試験は彼のガンゴさゆえに、
彼だけが落第。
そんな彼とクイールの二人三脚の人生がはじまったのだが
最初は、クイールは産まれて、もちょもちょと,
イタズラばかりしてるシーンからはじまるので、もう
かわいいときたらコトバで言い表せないです。
そして、クイール一匹の物語でないことも。やっぱり
映画ですから説明不足な面もあるのですが・・・、それを
頭においてもよかった映画かもしれないです。盲導犬が
たった一人のパートナーだけとお仕事するということや、
老後をパピーウォーカーに見取られていくということは
滅多にあることではありません。
それだけに、ラストの7年後のクイールに仁井夫妻が
クイールに『もう何処もいかんでもええで』と話しかける
シーンは、やっぱり涙なしではみれないシーンでした。
もう、よろよろで歩くこともままならないクイール。
パピーウォーカーさんの撮影してるバショ、あれって
ウチの家から車とばして20分ぐらいのトコなんですが(爆)
何でロケに気がつかなかったのだろう・・・あんな感じで
ワンちゃんのお散歩してる人、近所はいっぱいいるから
全く気がつかなかったわ・・・
盲目の渡辺さんが、クイールよりも先に逝ってしまった
シーンはクイールが自分より先に天国へ召されてしまう
なんて耐えられなかったんじゃないでしょうか。
ヘソまがりなのに寂しいから、そんなことなんて
言えないだろうし、あの病院でクイールが去っていくのを
気配で知って手を振るシーンは、今は亡き自分の父親
ダブりました。
父親も劇中の渡辺さんと同じ出身で同年代で亡くなっています。
臨終何日か前に、お見舞いに来た私に『コイツは置いてけ』
たとあるものがあるのですが、それは裏日記に。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで観る! - ジャンル:映画

【 2006/02/28 15:26 】

Movie and Theather  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。