普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

延長18回再試合~板東の奪三振の対戦相手~

bando muratsubaki bando_muratsubaki
『ワシが野球やってたの信じてないでしょ』と板東がよくTVで
口角泡とばしていうけれど、そりゃー・・・今の世代は信じないわなー・・・
哀しいかな、こんだけ活躍してドラゴンズ時代の映像が
ホトンド残ってない
で、投げて投げて投げまくって肘を痛めて現役引退。
『甲子園レジェンズ』で、その板東と対戦して延長18回再試合にした
相手が出てきたっていうから、どんだけ強いのかと思ったら・・・

ヒョロっとしたリーマンなオジサンだった(唖然某然)

高校生時代は板東(右端の写真の左)とそんなにかわらんのに
'08年現在、板東68歳、当時の対戦相手だった元・魚津の村椿輝雄さん(67歳)
板東曰く、『徳商がガンガン攻めていくタイプなら、
魚津は打たせて取る軟投派、やりにくかった』と話している。

延長戦の際、あまりの悲壮な投げ合いに、球審が感極まり
途中から声を出せなくなり、動作のみでコールし、「無声延長戦」と呼ばれたらしい
そんな中出たのが、板東の高校野球一大会の通算奪三振の最多記録。
83奪三振・・・もーこりゃー出ないってか・・・
出すのにイニング数足らん・・・

徳商がそこまでするのに意地があったらしい。
昔は南四国大会といって、徳島は高知と
二県で一校しか出られなかった
甲子園、しかもこの時代、レベルは高い。
この時はじめて47都道府県に広がった枠で、ようやく徳島が出られた
練習は流感や台風による休校時も年中無休
当時ナイター設備もない学校で夜11時を過ぎてまで
灯りは部員がちょうちんを用意してやっていた。
『疲れ果てて自転車こぎながら眠って田んぼに落ちたこともあった』
と板東は語る。また
「試合前には近くの高校で300球を投げ、
試合直前のブルペンでも150球を投げていた」
肩壊すわな
延長18回を完投した後も村椿さんは休養をとっていたのに対し、板東は
食べるもん食べてお風呂入って寝ても、試合前は投げ込みをして登板。
オイオイと思ってしまう

魚津との試合に勝ち、準決勝では作新学院を破ったものの、
決勝まで板東の力は持たなかった。
板東はその後、中日に入って、『西の板東、東の王や』とのたまい
ツバを吐き、『巨人キラー』として活躍するものの、肘をいためて29歳で引退。
村椿さんは三菱重工の投手として投げ、営業に進む。
何かの壁にぶち当たると
『人生まだあの18回の試合だ、まだやれる』と奮い立たせ
高度経済成長期を乗り切った。

『甲子園レジェンズ』で二人が再会したのは実に半世紀ぶり。
このユニフォーム着ちゃったらもうイイトシしたオジサンなのだ。
お互い肘も肩も全く回らない、豪快に左足を上げてた板東も
足もあがらん、肘も上がらん、10メートルいくかどうかなのだ。

二人が声を揃えて言うことがある。
『別にプロになろうとかそういうことに憧れる必要はないけど、
高校野球は体験してほしい。あの入場行進とあの感動は
一生懸命野球をやったものにしか味わえないものだから』
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

【 2008/07/10 21:32 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。