普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

長井さんの最期を撮ったカメラマン~アドリース・ラティーフ~

adreeslatif
銃声が響く中、夢中でシャッターを切った。
指が震え、心臓が音をたてた。
'07年9月27日、ミャンマー(ヤンゴン)で歩道橋からデモを撮影してた
自分のファインダーの中に
撃たれてなおシャッターを切り続ける男性が映った。

発砲する車、逃げ惑う群集、ファイダーの中で倒れる男性と
銃口をむける兵士・・・
映像ジャーナリスト長井健司さん(享年50)の最期を捉えたのは
ロイター通信社のカメラマン、アドリース・ラティーフ氏('08年現在34歳)だった。

パキスタン生まれ、移住した米国で幼い頃から写真を始め
16歳で地元テキサスの新聞を飾り、フリーを獲経て '03年
タイのロイター通信に拠点を置くことになった。

あの写真が世界中に配信された後、母と妻は
『帰ってきて』と懇願した。以来、長井さんの遺族のことが頭を離れなかったという。
長井さんと面識はない。命がけで撮った写真の被写体が皮肉にも
自分と同じ戦場カメラマンと後で知った。
写真誌『DAYs JAPAN』の国際フォトジャーナリズム大賞特別賞を受賞
彼は長井さんの妹さんに会う。そこで長井さんお最期を伝えることが出来たという
『歴史の転換点を撮るという情熱を僕らは共有していた。
あの日の出来事を僕は誇りに思う。』


スポンサーサイト

テーマ:世界恒久平和を実現しよう - ジャンル:政治・経済

【 2007/09/30 20:07 】

History  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。