普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

森永エンゼルパイ国際版?『ティーケークス』の行方

英国にはVATとはValue Added Taxってのがある。
日本の消費税みたいなもんで、税率は17.5%
これがまたややこしい。
日本みたいにスーパーで買ったもの一律についてる税金じゃなくて
『こっちはぜいたく品だからつくけど、あっちは
生活必需品だから』

その基準が『森永エンゼルパイとケーキ』
といわれたら『はぁぁぁ?』の世界でもある。
これで英国って30年も裁判で争ってられる国なのだから
イスラム原理主義者も真っ青だ。

コトの発端はこの『付加価値税』を決めた30年前に
出てきたとあるお菓子。
マーク・アンド・スペンサーというスーパーが考えた
森永エンゼルパイもどきの『ティーケークス』というお菓子が発端
これ、ビスケット状の台の上にマシュマロ+チョコかけ
という、『ビスケットかケーキかどっちなんじゃ』状態。

同じく英国でマクビティのジャファ・ケーキって
ペラいスポンジケーキの中にオレンジジェリー+チョコがけの
お菓子が出たときも『税金問題』で揺れた。
でもこっちは明らかにケーキなのになんで?というと
『チョコがけビスケット=ゼータク品』とみなされ 課税される(唖然)という。ワケわからない話である。
要は英国って、フツーに焼いたスポンジケーキなりパウンドケーキには
税金はかけないだろうけど、これにチョコなり生クリームが
かかってたら『ビスケット』とごたまぜの部類で『税金』とるつもりだろうか。

英国人でアタシぐらいの人は森永エンゼルパイがフツーにスーパーで
何の論争のタネにもならずに売られてるのをみて
さぞかしフシギだったろう・・・

ちなみにスーパーはずっと『ビスケット』と思って税金を
払い続けているらしい。
実は'94年に税務当局は『ケーキです』ったらしいのだけど
払い戻し額を値切ったのでスーパーが上訴。
只今の控訴金額8億円値切るとトンでもないことに。
国内だけで決着のつかなくなった『エンゼルパイ国際版裁判』どうなる?
スポンサーサイト

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/12/21 14:11 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。