普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

中嶋の息子がF1デビュー~中嶋一貴~

f1nakazimaoyako

F1に参戦するウィリアムズ・トヨタは'07年11月7日
'08年の正ドライバーとして中嶋一貴(22)と契約した。
'87年から91年までF1に参戦した中嶋悟(54)さんの長男で
'06年のブラジル・グランプリでスポット参戦しているが
父子でF1フル参戦というのは日本初である
同選手は『うれしい。父と同じ土俵に立てた。
自分なりに思い切ったレースをしたい』
と話し、悟さんは
『頑張って欲しい』とエールを贈る。

一貴はブラジル・グランプリ(GP)決勝で10位のゴールイン、
22選手中,一週目のタイムは自己最速の5番目で、
同じ車で走った同僚のロズベルクを上回った。

物怖じせず果敢に追い抜きをかける積極性も披露していた。

悟さんを父親に持つことから『エリート』とみなされがちだが、
その『中身』は挫折からの這い上がりだ。
'01年、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(TDP)の受験に失敗
1年の『浪人』を経て入学。
TDPのレーシングマスター校長でル・マン24時間耐久レースでの
優勝経験を持つ関谷氏は
『日本人にしては順応性が高い』と評価する。
'07年は第3ドライバーとして調整に回る一方でGP2シリーズに参戦。
新人王に輝いた。
父・悟さんのGPデビューが34歳、一貴は23歳。
『シューマッハたちは3歳からゴーカートに乗っていた。
僕のスタートは遅すぎる』
と語る。
将来を考えると、鈴木亜久里、佐藤琢磨の記録を破るかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

【 2007/11/07 19:25 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。