普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

江川・小林・『空白の一日』

kuhakunoichinichi

握手する江川の表情が不自然でなおかつ緊張が
みなぎっている。
その理由(わけ)を'70年代後半の野球史に
詳しい人間なら誰もが判るはずだ。

清酒メーカー・黄桜のCM撮影で2人は初めて顔をあわせた
江川卓と小林繁、会話を交わすのは実は初めて
あの『空白の一日』の当事者同士
だというのに

'78年の『空白の一日』から29年。
この年の11月21日未明、江川は巨人と契約を交わした
『ドラフトの前日は自由の身でどの球団も契約可能』
というのが巨人の解釈だったが、
明らかに、野球協定のスキをついたものであり
倫理に反するといわれたものだった。
金子コミッショナーはこれを認めず、
巨人はドラフトをボイコット、
江川は阪神に指名されるものの
コミッショナーの強い要望で江川は阪神入団後
巨人にトレードされ、
その時の交換要員が小林だった

'79年1月31日、互いに何事もなくドラフト指名され
それぞれの球団で活躍するはずだった選手の
歯車は大きく動いた

巨人に対して『人的補填でなく金銭で』という
要求をしていたのも、江川が異端児されてきた
一つの理由でもある
その『犠牲』になったのが小林だった。
『判ってもらえないかもしれないけど・・・
列車がしらないうちに急に動き出して、その目的地が
違ってるかもしれないのに乗ってる・・・でも、
飛び降りれば、もっと多くの人に迷惑がかかる』

江川は後の『空白の一日』をこう語る。

グラウンドではお互いを『ヤスリ』として戦った。
'80年の8月16日、雨の降りしきる後楽園球場で
江川と小林は投げあった。
『僕がプロで登板した266試合の中で一番張り詰めていた』
という試合は、小林に、それ以来、『あの子』でなく
彼を『江川君』と呼ばせるきっかけになった。

が、江川から『負い目』が消えたわけではない
引退宣言の時でさえ
『小林さんに迷惑をかけました』と言った。
江川135勝72敗、小林139勝95敗の現役だった

数時間のCMの撮影の後、ようやく江川のこわばった
表情があかるくなった。

『いい機会を与えてもらいました』
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

【 2007/11/21 17:30 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。