普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

バンブーロッド


映画『リバー・ランズ・スルー・イット』の中で
ブラピがフライフィッシングをするシーンがある
フライフィッシングを通じて親子の絆を深めていく事を
フィルムに収めたR.レッドフォードの監督作でブラピは
『レッドフォードの再来』と呼ばれた
やがて親子の絆は思わぬ方向へ向いていくというのは
『レジェント・オブ・フォール~果てしなき思い~』
にも通じる『ヨーロッパ白人層の憂鬱』を描ききった
ものだったかもしれない

『フライフィッシングは元々、ヨーロッパの富裕層の
人たちが親しんだ伝統的な遊び。釣竿として使用する
バンブーロッドも100年以上の歴史があります。
しなったものが強い力で戻ってくる特性が必要で
それに適してるのは中国のトンキン竹です』
そう話すのはバンブーロッドビルダーであり
ジーニアスロッドメーカー代表の
新藤忠伸さん('07年現在44歳)

『キャスティング』と呼ばれる毛針を上手に投げる
技術には強くて反発力のある竿がいる。
この竹の中でも『パワーファイバー』と呼ばれる
繊維の部分を使い三角形の竹片になるように荒削りにし
6本あわせて火入れを行うことで竿に硬さが出来る。
こうして出来た六角形の竿を穂先と手先にわけて
一本の竿にする。

ジーニアスロッドが他のロッドと違う所は
『火入れを二度行うところ』
一度目は竹に含まれるケイ素を溶かして繊維の塊にし
二度目で水分を飛ばす、これで曲がり癖のつきにくい
反発力の強い竿になるという。
持ってみると、カーボン製の竿より重い、が
振ってみると軽い、だから一日中
フライフィッシングを楽しめる

『一振りしただけで釣りのイメージが浮かぶような
竿を作りたいね』

その顔には流行に左右されない信念があった。
HPはこちらから
http://www.genius-rod.com/
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

【 2007/07/26 17:02 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(1)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

菊元が愛して止まない剛竿TR・FRのテーパーデザイン、マテリアル、製法を継承。彼が求めたのは、TR・FR、タイラントHD同様、数値上の軽さよりも、実戦での強靱さと耐久性です。極めて粘り強いトルクフルなブランクスはティンバーフラッシュJr.やエスドライブ等のややライト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。