普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

『TFCQ』のティモ・ラッシーとファロア・サンダース



Timo Lassy - The Soul & Jazz of Timo Lassy (Japan Edition)
ituneでアルバムのダウンロードはこちらから
Timo Lassy
ティモの音をこちらから検索、一曲づつダウンロード購入

ソウルフルかつパワフル、一聴して『これだ』と判る
気持ちいいサックスプレーヤーが久々に登場した
彼の名前はティモ・ラッシー
モダンジャズ通、事にNUジャズ通の間では
彼が音楽学校『シベリウス・アカデミー』時代の同級生と
組んでデビューした『ザ・ファイブ・コーナーズ・クインテッド(TFCQ)』
のフルアルバム『Chasing The Jazz Gone By
過ぎ去りしジャズを求めて)』をリリース以来、トランペット兼
フリューゲルホーン奏者のユッカエスコラがデビュー
『Trading Eightのあのサックスプレーヤーはまだか』
と皆は首を長くして待っていたはずだ。
それぐらい『Chasing-』の二曲目であり、シングルカットにもなった
『Trading Eight』は、ティモのガンガン吹きまくるサックスが印象的で
ここ数年、新しい音楽に飢えていた世代にとって、
'50年代ビバップの要素を大切にしながらクラブジャズを盛り込んだ
この曲は幅広く受け入れられた。
その彼が本人色を押し上げたのがこのアルバムである

シングルカットされた『High At Noon』や『African Ramble』
ノリノリのブラジリアンジャズ仕上げ、『Chasing-』以上の
パワフルさを見せ付ける。
『Live At the Timber Land』ではアフロジャズ、ここまで来るとラテンだ
『Sweet Spot』もコンパクトにまとめてあるボサノバジャズでいい

『TFCQ』からはユッカ・エスコラとテッポ・マキネンが参加しており
ベーシックなサウンドとしては安心して聴ける作りになっている

ユッカのデビューの時に思い出したのがデビューした頃の
カーメル・ジョーンズ、『C・ブラウンの再来』といわれたトランペッターで
ホレス・シルバーの『Song For My father』の主旋律を吹いていたあの彼だ
で、今回はというと、アルバムの紹介にもあるとおり
コルトレーンとユニットを組んでいたファロア・サンダース
大昔にコルトレーンが来日した時に、どうしてテナーサックスを
入れたのかと問われて

『彼の音が欲しかった』

と言わせたプレーヤーなのだけど、コルトレーンの死後、どんどん
音楽として破綻したというか、ライブはフュージョン全盛というのもあり
『一般の観客の期待通りにならなかったらしい(爆)』
コルトレーンの代表曲『My Favorite Things』をアルバム次第では
トンデモな曲になってるのと一緒で

しっかし、このアルバムの解説にティモのことを
『ファロア・サンダースのよう』と書いていますが、
そ、そんじゃぁ、ユッカは『原曲をトドめないで弾く』コルトレーンに
なってしまう(爆)。
ファロアはコルトレーンとユニットを組んでいたテナーサックスプレーヤーで
経緯としては『TFCQ』とよく似た感じです。
でもこの人のライブは もう本能おもむくまま、米○Clubのアマ時代のライブじゃないんだから
気がつくと『客おらへん(笑)』
コルトレーンの『My Favorite Things』を崩れ行くアレンジで
呆れてしまったら、ファロアはどうなるんだろう
む~確かに、ファロアの弾き方に似てる所もあります。
タダの『グリーンスリーブス』を聴かせる人はファロアぐらいしか
そういう感じの曲もハイテンションなアルバムの作りのなかに
しっかりと組み込まれてるところがナイス。

ナニはともあれこれからに期待大です。
また来日してくれないかな、TFCQ。


カンケーないけど、Amazonで
『こういうのを買った人はこんなのも買ってます』で出てきた。
ビバップのCDも欲しいけどポッチャマほしい。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

【 2007/07/24 11:29 】

Music  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。