普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

老舗テーラーの新境地~銀座テーラー~

ginzatalor

人それぞれのオーダーにあわせるはずのオーダーメイド業界にも
『慣性の法則』というものが少なくともバブルが崩壊しても
残っていた
『手間がかかる』『コストがかかる』『前例がない』
という否定的な口調の中、改革の過程で古い社員が去り
半数以上が新規入社の社員となり社風が変わっていく、
そんな試みをしている老舗のオーダーメイド店
『銀座テーラー』はかつて、佐藤栄作元首相が
ノーベル平和賞の受賞で着用したモーニングを仕立てた他
経済界、首相にも愛用者は多い。
かつては老舗のすし屋のように値段表もなく、
殆どの背広は最低でも30万以上。
タキシードなら50万弱が普通だった。
客の多くは業界人か秘書、このままでは一般のお客には
店に入ってもらえない経営に二代目正夫氏の妻美恵子さん
(現社長)が入社してまずとりくんだのは
婦人服のオーダメイドだった
銀座テーラーの技術をいかして
作れないだろうか・・・しかし
『婦人服などを作れば格がさがる』
当時の職人の反発にあう
『変えたくないのは自分たちがやりやすいからでしょう』
と説き伏せそれに他のテーラーが追随することとなった。
さらに『値段表』のないテーラーのあり方に
疑問を抱いていた彼女は値段表をつけることにする。
さらに'04年にはセミオーダーのセカンドブランド
『サムライ』をつくり値段をフルオーダーの半額に押さえ、
'06年2月に『銀座テーラースタジオ』をオープン、
カジュアルジャケットやジーンズの注文を受け付け、
それにともないジャズライブなども手がけるようにした
その効果もあり売り上げの4割はこういった
セカンドブランドが占めている。
かといって、サービスや技術にてぬかりがあるわけではない。

顧客宛には仮縫いや仕上がりの度に銀座テーラーから
手紙で送られてくる電話での連絡をやめたのは、
本人に届かない、取り次ぐことが出来ないほど
多忙な顧客が多いことだ。
『若い営業担当者はVIPに手紙なんて書いたことがない。
最初の頃は私が一枚一枚添削しましたよ』
と笑う。
手紙の意味は銀座テーラーの『オール・ハンド・メード』
という精神にもつながる
生地の内側の芯か縫製に至るまで手作り。店の上で常に
10人の職人が仕事をしているのでちょっとした修繕なら
すぐにしてもらえる。
昨年、職人の養成者学校を作った。
かつての老舗は後継者つくりに乗り出し『隠れた名店』に
ならないことを望んでいるようだ
スポンサーサイト

テーマ:オトナのファッションスタイル - ジャンル:ファッション・ブランド

【 2007/05/21 20:00 】

Fashion  | コメント(0)  | トラックバック(1)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「銀座テーラー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年6月17日収集分= *美しき日々 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。