普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

神戸ビーフ正直販売~明治からの伝統・辰屋4代目・辰巳真一さん~

koubebeef_tatsuya
トレーサビリティもなかった明治時代から
管理品質に徹底した肉屋が神戸にある。

JR元町駅の元町穴門商店街、ガラス張りの店の前を常連客が通る
1903年(明治36年)創業の『辰屋』だ
辰巳商店の名前で創業し、神戸で最も古く信頼ある食肉店の一つである
阪神大震災まではハムやソーセージなどの加工商品も手がけていたが
震災後に加工工場が被災し、以後は神戸ビーフ一本勝負に出た

自らの店も被災しているにも関わらず、炊き出しに
店の肉を惜しげもなく提供した
『何とか街を元気つけようと、他の店もカニから
伊勢海老から何でもだして、こんなの金だしても喰えんって
ぐらい豪快な炊き出しをやりました』

という太っ腹ぶりはすばらしい

東京や神奈川などにも顧客は広がる。
『ホテルで焼いてもらう』という外国人もいるという

神戸ビーフの認定は厳しい。
兵庫県畜産課によると、生まれてから食肉加工されるまでに
全て県内で過ごす黒毛和牛『但馬牛』のうち、食用になる部位が
大きく5段階の等級で肉質が上位の5か4に格付けされ
『霜降り』の状態が12段階で上位7段階に入るものだけが
業界団体から認定される

『客の立場にたって肉を選び正直に売る
この質でこの値段は安いといってもらえることが
最高の喜び』という


『看板に偽りなし』を貫く辰屋は格付け最高ランクA5しか占いという看板は出さない
レストランにおろして商売が成功する店もあるのだろうが、
『自分の目の届く範囲でしか商売はしない』という姿勢を貫き、
小売にこだわり、店もふやさない

ただ『業態はかえる』と肉の通信販売は今から40年前から鉄道貨物を使って
はじめていた
現在の4代目店長辰巳真一さん('10年現在53歳)は小学生の頃から
手伝いをさせられていたという

ただ
『商売の本質は売り方の形態がかわっても同じ』という
どんな肉を購入したか、好みは、家族構成は、記念日は、
顧客ごとに好まれる肉を選び、売る、それは店頭でもネットでも変わらない
極論、信用の積み重ねということなのだろう
スポンサーサイト

テーマ:焼肉・ステーキ - ジャンル:グルメ

【 2010/11/30 17:59 】

Food  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。