普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

買物難民~高齢者と小売店の危機~

買物難民―もうひとつの高齢者問題買物難民―もうひとつの高齢者問題
(2008/09)
杉田 聡

商品詳細を見る

内閣府が'05年に調査した高齢者の意識調査の結果から
買物難民といわれる人は600万人とも言われる、今では
もっと増えているだろう

『誰もが老いる。近所の小売店はライフラインという認識は大事、
自助や民間参入が難しいところでは行政が向き合うべき』と杉田さんは
いう、さらに買物難民最大の原因として

人口減少と小売店の後継者不足が要因であり、'80年代以降
郊外への大規模店舗進出規制緩和が影響したのが大きいと
指摘する声がある

'07年の全国の小売店はピーク時だった'82年に比べて3割減
身近な店は消え、車が無くては生きていけないように締め出している

kaimononannminn3
高知県と愛媛県の県境の山間の小さな町、仁淀川町
町のほとんどが高齢者の過疎地だ
マイクロバスを改造した車に生鮮食品から日用品まで350品目を積む
移動販売車『ハッピーライナー』がやってきた
刺身、豚肉、牛乳など3000円分を買った農家の女性は80歳を超え、
還暦を過ぎた娘と二人暮し
車を運転できた夫が23年前になくなってから移動販売車を利用している。
『これが命綱よ、なくなると困るけん、毎回できるだけ買うようにしとる』
車があったとしても一番近いスーパーまでは30分以上かかる

『ハッピーライナ』は中堅スーパー『サンプラザ(本社:土佐市)』が運行する一台
佐川町の店舗で商品を積み、午前9時半に出発
点在する集落を順番に訪れる。一箇所あたり1~5人は週2回やってくる車を
待っている、大半は60代~80代の女性だ。

運転手の田島さん('11年現在60歳)は8年前、食品会社をリストラされ
ハッピーライナーの運転手に
当時、このコースは120人。
今では都会にすむ子供にひきとられたり80人程にへった
道中、耕作されずに荒れた田端や住む人を失って朽ちた民家をいくつも見る
午後6時、佐川町に帰ってきた、27箇所周り、購入者は59人、売り上げは
14万5千円『雨にしてはいい方』という

kaimononannminn2
田島さんはつぶやく
『頼られとるっちゅうのはわかっとる、でも慈善事業じゃないけん、いつまで
続けられるかなぁ』

高知県によると、県内で移動販売業者は34業者
サンプラザは最大手で6台営業する
顧客は2000人以上、13市町村を回るこの店もガソリン急騰のあおりを受け
数百万の赤字を出してしまった
一時は撤退を考えたときに、国からの補助金が出、車両の代替費用を3分の2
出してもらえるようになった
補助をうけた業者は5年間の事業継続が義務つけられる

こんな例もある

kaimononannminn1
福岡県いわき市の泉が丘ハイタウン
県内の中堅スーパーとヤマト運輸のタイアップによるタッチパネル方式による
宅配スーパーの説明会があった
参加した60代~80代の数は10人弱
団地は'80年代に山を削って造成された。『港の見える丘』というふれこみで
県内や首都圏から移り住んだ、4900人が暮らす

説明会に参加した80代の女性は、20年前にこのニュータウンにきた
まさかこんな目にあうとは思いもよらなかったという
’07年に徒歩10分のところにあったスーパーが閉店
品揃え豊かなスーパーが団地外に出来て客を徐々に奪われていったのだ
夫は17年前になくなった。
運転免許はなく、路線バスも走ってない、買物をするには坂を下って
約2km先のスーパーまで歩かなくてはいけない
足が悪く途中で休憩しながら40分かけて歩く。帰りはタクシーだ

『これじゃ死活問題だ放っておけない』
地域の自治会長・大川原旭さん('11年現在76歳)は農家との協力で
青空市をはじめ、今回のネットスーパーの運用に踏み切った。

もし、行政も企業も誰も手を差し伸べてくれなかったのなら

大分県中津市耶馬渓町の津民地区。
山あいの平屋の入り口に『ノートン』とペンキで書いた看板がかかっている
'05年に住民が共同出資してたてた手作りの店だった

一人で切り盛りする店長の中畑栄子さん('11年現在77歳)は
『ここはJA支所の建物だったのよ』という
JAが統廃合され食料品や日用品を売る店がなくなった、
車のない年寄りが困ってると聞き、NGOを発足させてここを開いた

会員は現在70人。
入会金2000円、年会費1000円、経営は決して楽ではないが
年間1800人は訪れる
『行政に頼るだけじゃダメ。自分たちで動き民間事業者との連携もかかせません』

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

【 2010/05/20 11:28 】

Food  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

大阪の隠れ家デザインホテル『ホテル64オオサカ』

r>hosutel64osaka.jpg
『大改造劇的ビフォーアフター』じゃないけど(爆)
解体予定のビルを外国人観光客向けのホテルにし、ビジネスホテルと
民宿の中間、ユースホステルの上等版として売り出すプロジェクトがある

'10年3月に大阪市西区にオープンした『ホステル64オオサカ』
元は'64年に建てられた工具メーカーの事務所件社宅だった。
高度経済成長期、転勤族を支えたのが社宅。その為家賃はゼロという
商社マンが団塊世代~それ以前にはいただろう。

改装を手がけた建築設計事務所の『アート・アンド・クラフト』の
中谷ノボルさん('10年現在45歳)は、旅先のスペインでマンションの
ワンフロアにあった宿に泊まった。
『地元の生活を知ることができて面白い』
と印象にのこり、日本でも需要がないかと探していた所、300の物件の中から
4階建てのビルを'09年8月に借りた。
所有者は壊すつもりだったが、『好きに改造していい』という一言をうけ
心は決まった。
耐震性を調査し、7ヶ月、3000万円かけて補強、改造した。

国土交通省によると、'08年に全国で取り壊された建物数は134,000
早稲田大学創造理工学部小松幸夫教授によると
『高度経済成長期の生活水準を背景に30年すれば立て替えるもの』
という意識が根付いているせいか、耐震性に問題がなくても
壊しているところもあるという。
『ホステル~』を手がけた中谷さん自身も
『ビルの耐震性、状態次第では、メンテナンスをきちんとすれば80年はもつ』
という。

『ホステル~』の初の外国人客となったドイツ人のカップルは
せっかくなのでと特別室に宿泊。
特別室でも一泊14700円、三人でも利用可能。シャワーとトイレは他の部屋と
共用だが、
『スタイリッシュなのに日本らしさがあって素晴らしい』と満足。
他の部屋が和室(9800円)、洋室(10800円~13500円)をはじめとして
一眠り用にベットのみのドミトリー(3900円~)も用意、
ロビーやバーでくつろぐだけの利用もできる。ちょっとした『隠れ家ホテル』になった。

心斎橋のはずれにある、隠れ家ホテル、外国人むけといわず、
こうしたリノベーションが進めばホテルは利用しやすくなるかもしれない
ホテル64オオサカ
アート・アンド・クラフト

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

【 2010/05/03 20:35 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。