普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

破天荒シェフも娘には弱い~アンソニー・ボーディン~

anthony_bourdain

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)
キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)
(2005/05)
アンソニー ボーデイン

商品詳細を見る
容赦なき銃火容赦なき銃火
(1999/09)
アンソニー ボーデイン

商品詳細を見る

世界を食いつくせ! キッチン・コンフィデンシャル・ワールド・エディション世界を食いつくせ! キッチン・コンフィデンシャル・ワールド・エディション
(2003/11/26)
アンソニー・ボーデイン、野中 邦子 他

商品詳細を見る

いやはや、破天荒なシェフが現れた。
アンソニー・ボーディン('08年現在 51歳)、NYの高級レストラン
Le Hallesの総料理長であり、鬼才のベストセラー作家という
肩書きも持つ。

190cmの長身痩躯のフランス系アメリカ人の鋭い眼光は
『美食界のインディ・ジョーンズ』とも呼ばれ、
'97年に『シェフの災難』(早川書房)を発表して小説家デビュー
して以来、'00年、レストラン業界の内幕を暴いた
『キッチンコンフィデンシャル』で本格的に脚光を浴びた。
ヘロイン中毒になりどん底まで落ち、立ち上がった著者が赤裸々に語る
コックの世界は圧巻だ

フランス旅行で味覚に開眼した幼少時の追憶から
ケープコットの景勝地プロヴィンスでの体験が彼を狂わせていく。
米国料理学院への入学、金とドラッグを求めてNYを流離い
雇われシェフとして働く中、彼は神業とも言える腕前を身に着けていく
それだけでなく、素材の手配、従業員との関係作り、
スペイン語と英語のスラングが飛び交う仲間内の会話、
映画『ディナーラッシュ』を思わせるようなダイナミックさが伝わる一方で
彼しか伝えられない『泥臭い裏側』も伝えてある。
なぜ月曜日のスペシャルメニューが最低か、(古くなった魚の在庫処分だとか)
ムール貝の真実、(まぁ冷凍ばっかりだしねぇ)
料理の素人が見ても、その裏側を知るものがみても、はたまた
デパートなり異業種のサービス業を経験したものが見ても納得のいく
勢いのある翻訳になっている、原書は・・・難しい・・・
かなりスラングが厳しい・・・

彼が『キッチン~』の前に書いた二作もよかった。
いずれもサスペンスだ
'97年の『シェフの災難』(Bone in Thorat)は、
料理人を目指す主人公トミーが、マフィアの一員である
叔父のサリーによって、殺人事件へと巻き込まれる話。
が、『容赦なき銃火』 (Gone Bamboo)コレ、結構個人的にグー

主人公の殺し屋ヘンリーは、依頼された狙撃失敗したのにカリブ海の島で
マリファナとセックス三昧。が!
同じ島に狙撃されたマフィアのボスが療養に来たモノだからタイヘン
しかも依頼主が『ジャマだから二人とも殺してまえ』とまた刺客を送ってきた
という単純に言えばこういうハナシ。
シェフの片手間に書いていたこの話からも本人の『破天荒ぶり』が垣間見える

そんな彼が受け持つ旅+食番組が,ディスカバリーチャンネルで放送されている
『アンソニー世界を喰らう:Anthony Bourdain:No reservations』
なワケだけど、なんというか、彼が『究極の料理』を求める姿勢は
『美味しんぼ』のアレを皮肉屋の快楽主義者にしてひたむきにした感じ。
煙草と酒と美食をこよなく愛し、ベジタリアンとカラオケが苦手で皮肉屋
彼が世界中を旅してその地の人々と触れあい、食を食い尽くす番組だ。
世界40ヶ国以上旅をしているが、日本の旅番組と一線を画す
タレントが優雅におしゃべりしながら観光旅行してるのではなく
カンボジアでは奥地のボロホテルに泊まり、ベトコンとと密造酒を飲み交わし
モロッコで羊の丸焼きを食べる。
彼の『食』に対する態度はいたってマジメだ。
食事だけでなくてその場の雰囲気までも味わい尽くそうとする。
食べたときの状況や記憶によって左右されるものだという信念に基づいているのだろう


以前、『VAN』の石津さんが仰っておられたが、
『最近のグルメレポーターは情けない、柔らかいばかり言うなら
豆腐だけ食べていればいいんだ』と嘆いていた。それはまさしく、彼のように
『食の雰囲気までも食い尽くして伝える』ハードボイルドな『伝道者』が
いないことへの嘆きだろう。

最近、このディスカバーチャンネルでの旅が『世界を食いつくせ!』(A Cook's Tour)
になった。これほど向いてる仕事はないと自負する彼だが
最近足取りが重いのはまだ1歳になったばかりの娘がいるからか。
『歯が生えそろったらウニをたべさせてやりたい。おいしいものは
たくさんあるがシンプルな物が多い。シェフが仕事を終えて求めるのは
そういうものだからさ』
どうやら、破天荒シェフも娘には甘いようで。
ディナーラッシュ スペシャル・エディションディナーラッシュ スペシャル・エディション
(2003/04/25)
ダニー・アイエロ、エドアルド・バレリーニ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

【 2008/03/31 19:52 】

Food  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

星の王子様を撃ち落したのは愛読者

星の王子さま―オリジナル版星の王子さま―オリジナル版
(2000/03)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る

夜間飛行 (新潮文庫)夜間飛行 (新潮文庫)
(1956/02)
堀口 大学、サン=テグジュペリ 他

商品詳細を見る


『星の王子さま』で知られるアントワーヌ・サンテグジュペリ
(1900~44)について、ドイツ空軍の元パイロットが
『私が撃ち落とした』と告白した。

告白したのはホルスト・リッペルト氏('08年現在88歳)
'44年7月31日、任地南仏で敵機がレーダーに映ったため出動
マルセイユ方面にむかうところを追跡し、撃ち落したという。
『命中した。機体はつぶれ、海にまっすぐ落ちた。パイロットはみえなかった』
乗っていたのが、コルシカ島連合基地から独占領下の仏国に
偵察飛行にきていたサンテクジュペリと知ったのは数日後。
『彼だと知っていれば撃たなかった』
戦後、独テレビ記者になったが、この件に関して口を閉ざしていたという。
しかし、'03年、マルセイユ沖で飛行機の残骸がひきあげられ
翌年に仏政府が搭乗機の一部と断定。
黙っているわけにもいかなかったのだろう。

航空郵便にも携わるパイロットだったサンテクジュペリは『夜間飛行』など
航空にまつわる名作も残している。
リッペルト氏も愛読者の一人だった
『空の様子やパイロットの心情を見事に描いていた』と話す』
戦争さえなければ、愛読者が作者を撃墜する悲劇は起こらなかったかもしれない。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

【 2008/03/25 20:48 】

History  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

書き続けることで最愛の人といられた~『そうか、もう君はいないのか』~

そうか、もう君はいないのかそうか、もう君はいないのか
(2008/01/24)
城山三郎

商品詳細を見る


病院の精密検査で癌だとわかった妻は
『ガン、ガン、ガンちゃん、ガンたららら・・・』
明るく歌って帰ってきた。それに呆れ、怒りながらも両手を広げ
抱きしめることしか出来なかった作家の夫。
『大丈夫、大丈夫だ、おれがついてる』
・・・そして妻は一年後に亡くなった・・・夫の愛を確認するかのように

硬派な男ものばかりを書き続けた気骨な作家の遺作は
いつまでも終わることのない妻へのラブレターだった・・・

作家、城山三郎(本名:杉浦英一)の『そうか、もう君はいないのか』
を見つけて編纂した人の思いはいかほどだったろうか。
昭和天皇の料理番、秋山氏の『味』以来の本を読んだ気がした。
男がプライドを投げ捨てて素直に筆を滑らせることに
下らないウンチク本や、恋愛指南書、マナー本など、比べ物に
ならない素晴らしさがある。

'07年暮れに出版された小説新潮の'08年1月号に
掲載された時から、ずっと本になるのを心待ちにしていた。
作家、城山三郎と妻の容子の出逢いは終戦から六年後の名古屋
今は複合施設『オアシス21』のある場所はかつて図書館だった。
『本日休館』の札の前でただずんでいた、大学生の城山氏と
高校生の容子さん。

『天から妖精が降りてきた』


二人は連れ立って歩き映画『グレン・ミラー物語』を見る。
結婚まで考えたが、当時男女交際はうるさく、
1年以上ぶりに奇跡的に再会し、'54年に結婚。
神経質な城山氏と、物事に動じないおおらかな容子さん
『お嬢様がそのまま奥さんになった感じ、落ち込んでもそれを
表に出すひとではなかった』
だからこそ、男親一つに育てられたお嬢様というのもあり
何かと角が立たないように気を使ってるのを見せなかったのだろう。
城山氏と親しかった評論家の佐高信('08年現在63歳)は
『二人は天の配剤だ。城山さんは少年の恋を最後まで貫いた。
容子さんがいなければ作家として人生を真っ当できなかった。』

と言い切る。事実、容子さんは城山氏の初恋の人だった。

城山氏と半世紀以上の付き合いのあった新潮社の元出版部長
梅澤英樹さん('08年現在74歳)はこう語った。
『人生の雑事は奥さんが引き受け口下手な城山さんを補った
まるで母親と息子のようだった。』
城山氏の代表作『落日燃ゆ』のタイトルを考案したのは梅澤氏だが
城山氏が決めかねていた背中を後押ししたのが容子さんだった。
そもそも、彼に『筆一本で生きる勇気』を持たせたのが彼女だ。
『50億の中でただ一人『おい』と呼べるおまえ』と後に詩に書くほど
城山氏は内心彼女を信頼していた。
気恥ずかしくてそれを口にだせない。

次女の井上紀子さん('08年現在48歳)は両親をこう語る
『母あっての父でした。母は父の精神安定剤。
おおらかな母が不器用な父を優しく包み込んだ。お互いを
脅かしっこするなど、晩年も少年少女のままでした。』

それだけに、容子さんが亡くなったとき城山さんはうろたえた。
葬式にいかないといいはった。
式場に無理やりつれていくと靴を履き違えた。
墓参りにも行かなかった。
妻の死は自分の中であってはならないことだった。

彼の最後の小説『指揮官たちの特攻』は容子さんの死で
ラストが変わってしまった。
水上機で特攻した兵士を書く為、
わざわざ飛行機の操縦桿を握って取材までしたのに
主人公というより、残された遺族に焦点があたった作品になった。

『そうか・・・』を書き始めたのは容子さんが夢枕にたったからだという
JR茅ヶ崎のマンションの10階、相模湾の見える書斎のあちこちに
遺作となった原稿は散らばっていた。
この原稿を集めた新潮社の楠瀬啓之さん('08年現在41歳)は
『この原稿を書いてる間は、容子さんと一緒にいられるという
心境だったのでしょう。だからこそ未完なのです、
完成しない運命だったかもしれません』


容子さんの七回忌が終わった後、城山氏は体調を崩し
彼女を追うように逝った。
最後の言葉は『ママは・・・?』だった。

城山氏の恋であり愛はたったひとつだった。
こんな風に愛する人に愛された女性が心底うらやましい。
(写真下は湘南の海を臨む城山氏の書斎)
chigasaki

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2008/03/23 18:28 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ベーブ・ルースの味?甲子園ホットドック『ファイア』

helman_fire

第一期改修工事を終えた、阪神甲子園球場、
ここに旧日本軍の捕虜だったドイツ人が甲子園で売っていた
とされるホットドックが『復活』する

お店の名前はレストラン『ファイア』
内野エリア二階部分の飲食店エリアの真ん中あたり。
計38店舗あるある売店の中で、甲子園で初となる
中華料理店、パスタ専門店が登場、
勿論、『甲子園カレー』も健在
なら、このホットドックの縁ってなんだろう?

実は'33年(昭和9)、11月、日米野球でベーブ・ルースが
甲子園を訪れた時、ドイツ人の故ヘルマンさんが観客相手に
ホットドックを売り歩いたのが最初だという。
故ヘルマンさんは、第一次大戦中、ドイツ人コックだった時
中国・青島で日本軍の捕虜となり、広島で捕虜生活を
送った後、横浜に移住。
関東大震災で経営していた工場が潰れ、その頃は神戸に
住んでいたらしい。
昭和のシングルの頃、ソーセージの様は珍しかったのか
(なんつーたって『魚肉ソーセージをモノホンのソーセージと
思ってた世代がまだまだ健在なのだから)
『中味だけ捨ててパンだけを食べる』日本人客も多かったという なんて勿体無い!

ベーブ・ルースの試合から3年後、日本は日中戦争に突入
日本中が戦火に覆われる中、故ヘルマンさん一家は長野に疎開。
戦後は原料不足に悩まされながら東京・狛江の工場などで
ソーセージを作り、味を広めていったという。

今回、お店を出すのは故ヘルマンさんの次男、
ヘルマン・ウォルシュケさん('08年現在78歳)。
神戸で苦労する父親を見て、20歳で弟子入りしたという。
『新鮮な食材を生かす』がモットーの父親は69歳で亡くなり、
工場を'57年に受け継ぎ'87年からは日本ハムの子会社で
技術顧問を務める。
(つーコトはシャウエッセン・モーニングサーブ・アンティエの
なかで一番いいのがここに並ぶのか・・・) 機械化が進む中,今も手作業にこだわる。
静岡に単身赴任し、肉を劣化させないよう室温0度を保った
工場でひき肉を混ぜ合わせる。

『父はソーセージを食べてもらえず悔しい思いをした
食文化も変わり平和な時代を迎えた甲子園で存分に
味わってもらいたいです』


その甲子園に、もう一つ『ある意味』で出店してきたのが
『ケンタッキーフライドキチン』

阪神が日本一になると、コーフンしたファンが道頓堀にある
カーネルサンダース像を川にブチこんで、それから
運気低迷する『カーネルサンダースの呪い』がかかった(爆笑)
つーのもあり、わざわざ、ケンタは
『カーネルサンダースにあやまりましょうの会』まで設けて
阪神人気低迷に底打ちしたかったらしい(オイ)
コンドはカーネルおじさまブっこまれないように。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

【 2008/03/22 16:47 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

めざすは紅白に演歌ブーム再来、ジェロ旋風

jero
海雪海雪
(2008/02/20)
ジェロ、宇崎竜童 他

商品詳細を見る


『ジェロって知ってます?』?
へ?ダレ?何?黒人演歌歌手?
失礼なハナシだが、教えてくれた本人さんの『浮き足たった』
最近の話題性のなさにハラも立てていたので、
『着うたフルの一過性ですたれる歌手の話でもしてるのか』
と思ってたら。

上手かった
なんせ宇崎竜童の曲をサラっと歌えるアタリに

タダモノじゃない感がある
オイオイ、それじゃぁ、次は寺尾聡の『ルビーの指輪』を
やってド演歌得意じゃない姐さんのココロをシビれさせておくれ、ジェロよ。

ネットやTV,YouTubeで経歴、その他モロモロの詳細出てるだろうので
(小さいころのジェロまで出てるのは驚いた、ダレがみつけた)
'81年9月4日米ペンシルバニア州ピッツバーグ生まれ
ジモトの大学ピッツバーグ大学で情報科学を学び将来、ITエンジニアに
なるハズが、ド演歌歌手の道を進んだのはナゼに
そりゃ、某織田○二がバブリー時代にココの『日本校』に通って
俳優という進路を選んだのとカンケーあるか・・・ねぇか

ジェロのバサマは横浜出身の日本人、単独で米国に渡ったらしい。
ホームシックになったバサマが母国に身をはせて演歌を聴いていたという。
そんなバサマを励ましたい+大学時代に交換留学で来た日本で
決心が固まったらしい。
ちなみに留学先は大阪に三ヶ月だったのだけど、居住地和歌山。
まぁ、大阪の希望通ったら、彼は『お笑い』という別の道を
行きかけたかもしれんし、その歌の上手さで、場末のスナックに
ひきぬかれたらタイヘンだった・・・超ヤバい。

'03年に再来日後はITエンジニアと英会話学校(どこだ?)の
二本立てのシゴトをしながら(このコロよく聞いた・・・)カラオケにこもり練習
アマの大会に出場を重ね、優勝、準優勝と、実績を重ね、ついに
'05年、スカウトの目にとまり、2年のボイストレーニングを受け、
'08年のデビューを前に話題騒然となった次第だ

'08年2月に発売されたシングル『海雪』の売れ行きは好調。

ヒット曲の売り上げが判らない時代になった。

シングル曲の流通手段に『着うたフル』が拍車をかけてから
アーティストへの忠誠度も判別つきにくいものになり
『にわかファン』が増えている。

昨年のCDシングル生産金額が前年比92%の
469億円なのに対し、配信新シングルは383億円、
一曲あたりの配信料が300円~400円。
CDでは『枚数』にあたる『ダウンロード数』では
その便利性から優っており、今年度中にも数値を
逆転させるかもしれない。

も『ヒット曲がわからない』という一因にはこんな例もある。
お馴染みの『千の風になって』はCDのみ。
さらに洋楽の『Because Of You』は配信のみというものだ。
どちらもそれぞれの分野でヒットに結びついた。
これが吉と出たのか凶とでたのか判らない。

そんな『配信』をワタシが意識した一人がジェロかもしれない。
正式CDデビュー前の配信で話題騒然。
演歌でそんなこと今まであっただろうか。
氷川きよしでもありえない。

が、演歌歌手とジャズミュージシャンって、どうもこういう
プロモーションとはいいがたい『強行ドサ周り』がつきもの。
最近お疲れ気味のジェロちゃま、紅白まで貯金もエネルギーためてください・・・

ジェロのHPはこちらから
ブログはこちらから

テーマ:ジェロ - ジャンル:音楽

【 2008/03/20 21:07 】

Music  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

運慶の大日如来、海外流出未然に防ぐ

unkeinyorai

重要文化財級の大日如来像がクリスティーズのオークションに
これが米国に渡った日には笑い事じゃすまない。
何とか『海外流出の危機』は免れたものの、どうなってるんだと

問題の大日如来像は、鎌倉時代初期に活躍した運慶(?~1223)
の作でヒノキ製、大きさは66.1cm,栃木県足利市の古寺にあったのを
関東地方のコレクターが持っていたらしい。
'04年に運慶のものと認定されてからは東京国立博物館に寄託され
公開もされていたそうな。

が、これが『重要文化財』かどうかの確認があって、
持ち主が売ろうとしたのが判明。
だいたい『売ろう』というのと、その引き受け金額の
折り合いがつかなかったって・・・どういうことなんだろう・・・

運慶の国宝重要文化財は12件26点あるそうな。
今回の仏像は質としては高いものの、現段階で伝来その他について
指定にいたる確証がなかったそうだ。
足利市の有志が海外流出を止める署名を集めていたものの
'08年3月18日にNYで開催されるNYで開催された
クリスティーズのオークションに出品されることに。

国内の美術館や個人が落札すれば海外流出は免れるのでは
と文化庁が気をもんだ中、仏像は
米国の個人収集家との一騎打ちの末
1280万ドル(約12億5000万円)で三越が個人代行で落札

海外流失は免れたものの・・・ダレなんだろう・・・
落札額の出した人。三越の古くからの顧客なんだろうな。

こういうのを見ると、空港の外資参入を思い出してしまう。
数年前成田空港が、全株国有にしていたのを規制解除した結果
聞こえ悪いが豪州に株をのっとられそうになった。
そこで慌てて規制に乗り出した。
今の所、こういった文化的価値のあるものに対しての規制は
国宝、重要文化財のみになってるけど、こういったものの規制も
かけないと今回のように金持ちにムダ金を叩かせる結果になるかもしれない。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2008/03/19 21:39 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

高橋よりもライサチェク

evan
神様、仏様、エヴァン様

フィギュアスケートの男子シングルでダレが楽しみかというと
かつてヤクデン、今は米国のエバン・ライサチェク
日本の高橋・・・眼中にないったら怒られるかもしれない

いやはや、メディアがこぞって『応援体制』に入ってるのが
見えると日本を応援したくてもできなくなるんだよね。
こういうのって平等に報道されてるのかなとつくづく感じる。
視聴率のあがる選手だけ報道してるよなとイヤな観方しかねない

本題戻して、22には見えないっすねぇ・・・日本に来たら間違いなく
20代後半、氷上のあのりりしさは特に。
竹下元総理のお孫さんの自称ロッカーのDAIGOっすか?
もう三十路よね(冷笑)ライサチェクの何倍も頼んない・・・
アタシがアンタの母親だったらホカしたくなるわ(涙)

フルネーム、エヴァン・フランク・ライサチェク(Evan Frank Lysacek,
1985年6月4日 )は、米国イリノイ州シカゴ生まれ、ナパービルで
代用教員として勤める母・ターニャ、建設業を営む父・ドン、
姉・ローラ、バレーボール選手の妹・クリスティーナの真ん中として育つ。
五人家族かぁ・・・
あのエキゾなルックスは、お父さんが東欧出身、お母さんがイタリア、
ギリシャなど複数の民族の血をひくからかもしれない。
ので、ライサチェク本人もギリシャ正教徒。
最も大事な持ち物としてギリシャ正教式の十字架といってますね。


彼がスケートを始めたのは8歳の頃。
アイス・カペーズ(アイスショー)の大ファンだった祖母から
クリスマスプレゼントとしてスケート靴を与えられたことがきっかけ
本人は当時アイスホッケーをやりたかった
のだけど、姉のローラ共々フィギュアスケート教室に入会させられて
この道へ。
'03年にネクアバレイ高校を卒業すると活動拠点をロスへ移し
名コーチ、フランク・キャロルのレッスンを受けることになった。
独学で演技の勉強をしながら、ビバリーヒルズの演劇学校で
スタニスラフスキー・システムを学び、
自主制作のショートフィルム"Skate Great!"で、
ロシアのオリンピック金メダリスト(ヤクデンか(爆))を演じている。

が、177cmのスラリとした長身が、氷上で演技をするときに
有利かといえばそうでもない
60×30のリンクにライサチェクが舞う姿は時としてリンクが狭く見える
あまりの足の長さに、前向きに跳ぶアクセルでは
着氷に人一倍気を使う

'08年の3月にはトリプルアクセルの練習中に着氷でブレードが壊れ
店頭、骨折は免れたが18日からはじまるスウェーデンでの
世界選手権は断念せざるを得なかった

『1点でも多く得点を得るために滑ることが重要なんだ
芸を披露するリサイタルじゃない、氷上にでて戦わなければいけない』
『スター不在』と言われる米国での視聴率が伸び悩む中、
『いつも黒ずくめの格好ばかりだな』と記者から意地悪な質問を
されたりもする。
米国のメディアなんて、日本どころじゃないだろうしなぁ。
アタシの目からみればエバンは良く耐えてると思うのだ。
なのでいつも応援してたりする、のに高橋ばかり映して
ライサチェクを映さないTVをうらんだりもするワケだよ。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

【 2008/03/18 21:21 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

さよなら『銀河』~ブルトレやっぱり生き残ってほしい~

寝台急行「銀河」物語 [キャンブックス] (JTBキャンブックス)寝台急行「銀河」物語 [キャンブックス] (JTBキャンブックス)
(2008/02/28)
三宅俊彦

商品詳細を見る

実は修学旅行にいけなかった、ブルトレに乗れる唯一のチャンスだったのに。

持病があったので医者から一週間も家を離れる修学旅行は
ドクターストップがかかったアウト。
当時、『寝食共にしよう』とも思える友人どころか『ホンネ話す』人も
いないどころか、トモダチ?食えんの(冷笑)な寂しい高校生活
『ブルトレ?サスペンス劇場の舞台でしょうが』
と斜に構えていたり、『乗るなら一人旅にするわい』とかなり狭い見方してました。

ここに来て『ブルトレ相次いで廃止』となると
『2,3日に1本ぐらい残しておけば』
とも思うワケで。現行のブルトレって一日一往復。
それを減らせばいいだけで。
そういうコトって出来ないのかな。
写真みても『ラストラン』の列車以外は勿論満車にならないし
マニアがチョコっと乗ってるだけかと思いきや
残業で最終の新幹線に間に合わなかったリーマンも乗ってるらしい
寝台特急に比べれば安いし、近鉄特急の料金でいけるもんな。
バスでゲロはきそうなぐらいバス酔いするアタシならどんなに安くても
バスお断りでブルトレ使って帰りたい。
国鉄が分割民営化されてからはホントに自社が火達磨赤字に
なって長距離列車に力を注がなくなったというのは
怠慢もはなはだしいなと。
日の丸国鉄きらいなのでボロカス言ってみたりする。
事実退職金年金ドロボーみたいな80代がこういうのをダメにしてるからねぇ。

夜行列車が出来たのが1906年
そこから50年以上たち、電化された鉄道黎明期をしょって
'58年(昭和33)10月1日,東京-博多間に
寝台特急「あさかぜ」がデビューしたのがブルトレの始まりじゃないっしょか。
そしてブルトレといえば20系の車両。
寝台特急の特権みたいなモノでアレがホームに入ってるのををみると
『雷鳥』よりときめいたモノです、ハイ。(いくつだ、オマエ)
後に『雷鳥』に乗ることはできても寝台特急マダなのよねぇ

今回廃止される『銀河(東京ー大阪)』、'49年のJRダイヤ改正で登場。
最初はグリーン車のみのゴージャスで売り出したら
ガラガラだったらしい
ので三等車つけたして、最終的に
日帰りビジネスマンの足となったらしい。
『新幹線の最終より遅くでて、翌朝の一番列車より早いブルトレ』
ってある種、どの列車も体験できない『時間』を日本国民に体験させて
くれていたと思うのよ。

が、ブルトレの車両の老朽化と共に、国鉄赤字、民営化の流れ
'00年の路線バスの参入規制緩和で夜行高速バスの値下げが進み
利用客もブルトレから新幹線へと移り、'92年には『のぞみ』の登場。
朝8時半につけることが話題になり、
『車両をリニューアルしても乗客の増加が望めない』ことから廃止に踏み切ったという

'08年3月現在、運行してるブルトレ以下の通り。
『あけぼの(上野~青森)』
『日本海(大阪~青森)』
『はやぶさ(東京~熊本)』東京駅~門司駅間「富士」と併結運転
『富士(東京~大分)』東京駅~門司駅間「はやぶさ」と併結運転
『北斗星(上野~札幌)』 臨時列車の運行もあり
『北陸(上野~金沢)』
それぞれ一往復
『エルム(上野~札幌)』 『トワイライトエクスプレス(大阪~札幌)』臨時列車

'08年3月15日のJRダイヤ改正で廃止されるブルトレは
『銀河(東京ー大阪)』、『なは(熊本ー京都)』『あかつき(京都ー長崎)』の三本。
廃止が決定してから座席予約状況は平日は8割、土日祝日は満席
という盛況ぶりと、JRのホームでブルトレにむけてシャッターを切る
人々で埋まる様は皮肉にもうつる。
三つの列車最終日の14日の座席1058席は僅か30秒で売り切れた。

今まで廃止されたブルトレ、それこそ星の数なんだけど・・・
『安芸(新大阪~下関 '78年10/1廃止)』のように3年半で
なくなるブルトレに乗れた人ってダレなんだろう??

そうかと思えば『かいもん(門司港~西鹿児島)』のように
使用車種かわって格上げとなったら『自分の手離れた』ようで
違った意味で寂しい気もする

'08年3月現在、廃止されたり統合されたり、新幹線の
犠牲になったり、特急に昇格したりで姿をけしたブルトレ
これだけあるそうです。

『あさかぜ(東京~下関・博多'05/3/1)』
『あかつき(京都~長崎 '08/3/15)』
『いなば(東京~米子'78/10/1『出雲』と統合)
『瀬戸(東京~高松 '98/7/10 車両置換)』
『出雲(東京~出雲 ’06/3/17・『サンライズ瀬戸・出雲』に』
『紀伊(東京~紀伊勝浦 '84/1/31)』
『さくら(東京~長崎 '05/3/1)』
『彗星(京都~南宮崎駅 ’05/10/1)』
『鳥海(上野~青森駅 '97/3/22  『あけぼの』に統合』
『つるぎ(大阪~新潟 '94/12/2)』
『出羽(上野~秋田 '93/12/1)』
『なは(京都~熊本 '08/3/15)』

『新星(上野~仙台 '82/11/15)』
『天の川(上野~秋田 '85/3/14)』
『北星(上野~盛岡 '82/11/15)』
『はくつる(上野~青森駅 '02/11/30 』
この四線は東北新幹線開通で廃止。
『みずほ(東京~熊本・長崎駅 '96/12/2)』
『明星(京都~西鹿児島 '86/11/1)』
『ゆうづる(上野~青森 '88/3/13  (電車寝台特急として)’93/11/30
『北斗星』運行開始に伴う車両・ダイヤの確保の為
『銀河(東京~大阪 ''08/3/15)』
『十和田2号(上野~青森 ’82/11/15 特急格上げ)』
『かいもん(門司港~西鹿児島 '93/3/18日 使用車種の変更により特急に昇格)』
『きたぐに(大阪~新潟 '85/3/14)』
『さんべ5・6号(米子~博多・6号のみ松江~米子 ’84/2/1)』
『大雪(札幌~網走 '92/3/15 使用車種の変更により特急に昇格)』
『だいせん(大阪~出雲市 '99/10/2 使用車種の変更による寝台車連結廃止』
『日南(博多~西鹿児島 '93/3/18 使用車種の変更により特急に昇格』
『まりも(札幌~釧路  ’93年3/18 使用車種の変更により特急に昇格』
『利尻(札幌~稚内 '91/3/16』

現行の数からするとスゴい数・・集団就職、学生運動の頃
ブルトレは人々の心もささえたのではないでしょうか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

【 2008/03/14 18:34 】

Society  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。