普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

利子をとらない銀行~イスラム金融の危機~

musurim_bank
預金の利息や融資の利子を
とらない銀行があるというのを
ご存知だろうか

イスラム教の戒律に基づき利息を支払わない代わりに
銀行が預金を運用し、得た利益を配分する
『配当方式』をとるのがイスラム銀行だ


欧米銀行と異なる長所がありマネーゲームに
踊らされることもなく再認識されているが、
金融危機の並はイスラム銀行にまで迫ってきている

ドバイ中心部にあるイスラム銀行本店
店長は『昨年10月~12月の配分利益率は6.25%
通常の銀行より上だよ』と話す

顧客から家や車など大金が必要な商品を買いたいと
相談された場合
お金をかすのではなく、銀行が顧客の家や車の代金を
先払いするのだ(爆)


これに手数料を上乗せし、顧客に分割払いして貰う
例えば家を買うとなれば、15年ローンで返済するとして
手数料は11%、元本とも返済する

イスラムでは実態のない夫妻の売買は扱わない。
サブプライムやFXなどは法律上扱えない商品なのだ


イスラム銀行はサイード・ルータ氏('08年現在84歳)が'75年に
設立したものだ

今は銀行経営から一線を引いているものの、
食品、不動産、ホテル、大学、貿易など30社にも及ぶ『ルータグループ』の
総帥でもある

設立のきっかけは、'73年のオイルショック後の原油価格高騰
ドバイ首長家や有力家族は石油収入で潤ったが、
当事は英国系の銀行しかなかった

ルータ家は商売に携わる家系でサイードさんは当事建設会社を運営していた
イスラムの教えにのっとった利子のつかない銀行をつくろう。

しかしそれが成り立つと誰も思っていなかったのと、皆
欲の皮がつっぱっていたのか
賛同していた商人は全員抜け(唖然)、家族経営になってしまったらしい

今回の金融危機についてサイード氏は厳しい見方をする
『米国では金がないのに、金額や数字の操作だけで
商売をして行き詰った。
イスラム銀行の強さは実体をともなった取引のみが前提
ということだ』


その一方で、イスラム銀行に詳しい人間はこういう
『イスラム銀行はローカルの運用が中心で金融危機の影響を
受けにくいがそれが派生して送る実体経済の悪化の影響はある』
のだそうな

開発資金として発行している債券が市場価値が下がっていて、
プロジェクトが立ち行きいかなくなったものも
出ているという
手放しに喜べないものがあるのが現状だ
スポンサーサイト

テーマ:世界金融危機 - ジャンル:政治・経済

【 2008/01/20 17:03 】

Society  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

原油高で危機~客船さんふらわあ号~

仮面ライダーBLACK RX VOL.3仮面ライダーBLACK RX VOL.3
(2005/07/21)
倉田てつを

商品詳細を見る

『仮面ライダーBlack RX』の四国ロケだったか、
当時バブリー真っ只中、倉田てっちゃん演じる南光太郎が
税金つぎ込んだ明石海峡大橋(だっけ)をバイクで横断するという
ムボーなコトをしていたシーンがある。
『斜陽会社の平社員はムダ金使うなー!フェリーでいけ!フェリーで!』
・・・と当時バブル真っ只中なのに叫んでいたアタシもバカなのだけど(オイ)

近畿地方から北海道北端、九州南端へ家族で帰省する人に
『何で帰省する』と聞いたら『さんふらわあ』とかえってくる
言わずとしれた、高速フェリー『さんふらわあ』のことなんだけど
これがここ数年の原油高の為、廃止に追い込まれている
路線もあるらしい。知り合いは
学割、往復割引を使ってお車+ペットを積んで4割引で帰省
するのだからかなりのツワモノだ。

これなら新幹線より安くつく+現地での移動にレンタカーを使わなくてすむ
'08年1月、ダイヤモンド・フェリーは『大部屋で雑魚寝』という
『フェリー船底』のイメージを一新すべく、20室程度だった個室を
200個に増やし、バルコニー付、ペット可の部屋も取り入れた
店員748人の新造船『さんふらわあ・ぱーる』、『ごーるど』を
数十億円投資し、同社復活の切り札にしようとした。
が、'04年からの燃料価格の高騰が経営を直撃。
1リッター/2万だった燃料は6万に、現在では7万を突破するかも
知れない状況だ。
それは暫定税率の問題云々ですまされない。
燃料高を吸収しようと就航時間を10分以上延ばして『減速』し
燃費をよくするだけでなく、スクリューの清掃も徹底してるが
『経費の4割が燃料というのは異常事態。』
と関係者は嘆く。

この『さんふらわあ』、日本高速フェリーが'72年に名古屋ー高知ー鹿児島に
就航させたのがはじまり。
白い船体にオレンジの太陽マークが目印で、当時は新婚旅行に使われ
当時は船内にディスコやプール、ダンスフロアがある豪華フェリーとして
5隻就航していた

が、'73年の石油ショックで利用客が激減。5隻は他会社にバラ売りされることに
現在『さんふらわあ』は瀬戸内航路で、関西汽船(大阪市)により3隻
就航されているが、燃料価格の高騰で営業赤字が前期の2億2000万円から
5億9000万円になる見通しになった。
関西汽船は既に商船三井グループの傘下で再建中。
'08年1月下旬に瀬戸内航路を1隻減船し海外に売却する見通しとなった
バブルが崩壊した'90年、フェリー会社の再編が進み、
最盛期には18社あったフェリー会社も今では11社に
ブルトレが姿を消す今、現地でレンタカーを借りずに
自家用車でシゴトをしたい単身赴任の人なり、日帰りの人の為に
まだまだ現役でいてほしいのだ。

新造船二つの利用客も定員に対し乗客は280人
『個室でくつろげる船旅の魅力を売り込んでいきたい』と話す
広報担当者の話がせめてもの救いだ。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

【 2008/01/12 21:32 】

Society  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

廃家電オッチャンの行方ー家電リサイクルの裏側ー

近所をゆっくりと走る軽トラの
『パソコン、CDラジカセ、動かなくても買い取ります』
という言葉を耳にしたことはないだろうか。

廃品回収業を営む方々に聞くと、こうしてマイクで呼びかける他
マンションなどの口コミが頼りらしい。
月にTV20台、白物家電は10台ずつ入ればいい方か
PCモニターや壊れたラジカセもある。
それらは一まとめで数千円で輸出業者に売れればいい方だという
『日本で粗大ゴミとして埋め立てられてしまうなら、外国で
資源になるほうがマシでしょう』

哀しいスパイラルだ。

日本ではTV、洗濯機、エアコン、冷蔵庫の四品目は家電リサイクル法で
消費者が費用を負担し小売店に引き取ってもらいメーカーが
リサイクルするという名目にはなっているが、'05年現在
不要となった2300万台のうち国内でリサイクルされたのは半分
残りの半分はどこへ消えたのだろうか


こうした廃品業者に回収されアジアに送り出されている
が・・・'92年に発効されたバーゼル条約(有害物質の輸出禁止)が
あるハズ・・・でもそれにも『例外』があるワケで
『輸入国が『毒物でもOK』』とのたまっていたバヤイや、
再利用される中古品ならば、原料が有害であろうがなんであろうが
輸入国の許可が下りてさえすればいいという・・・(滝汗)


フィリピン・マニラの南港はさながら中古家電の青空市場になっている。
ラスピナス市に住む古山征男さん('08年現在69歳)が日本の テレビの輸入販売をはじめて15年になる。
南港を通じて毎月3000~4000台とりよせ自宅工場でフィリピン技術者が
修理改造し14インチは1800ペソ(5000円)16インチは8000円で売る
かつては日本で同じ風景があったことをしる者として古山さんの
心境は複雑だ。
『使えるのに捨てちゃうんだものね』

廃家電は中古として利用するだけでない。
マニラ南のカビデ、ここでは廃家電の基盤をバーナーであぶり
金属をとりだしていた(写真)
パソコンのCPU100kgから18gの金、320gの鉛を取り出し
金は1g2770円、鉛は1kg890~330円で売る。
アルミ、銅、銀も取れるが薬品を違法に使うので摘発を恐れて
場所を頻繁に変える。こうした工場は近辺に550近くあるという。
鉛の臭いが頭を殴りつける側から酸性液にパソコン部品を
漬け込み金をそいでいる。
従業員の手はボロボロで肺もやられている。
ここで採取された金属類はさらに別の場所で精製され
日本、中国、米国、韓国、インド、台湾に輸出される。

かつて廃家電の集積地としては中国広東省の貴嶼(グイユ)が
有名だった。しかし'02年に国際NGOが摘発、昨今では
アジアのあちこちに『ミニ貴嶼』は生まれている。
国内処分に苦労する先進国から流れこむ廃家電の受け皿に
なっているのだ。

今後、こうした『流れ』は家電製品の買い替えサイクルの早さや
地上波デジタル、ブルーレイディスクの登場などでさらに
大きくなる。
国境を越えたリサイクル制度を作るのが理想的なのだが
その前に、廃家電が何故途上国に流れるのかを考えたい。
この低コストが環境対策や低い労働条件の上になりたっている
からではないか。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

【 2008/01/05 21:28 】

Society  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。