普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

『賢者の贈り物』のモデルは居た~O・ヘンリー~

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編 (光文社古典新訳文庫)1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編 (光文社古典新訳文庫)
(2007/10/11)
O・ヘンリー

商品詳細を見る

O・ヘンリ短編集 (1) (新潮文庫)O・ヘンリ短編集 (1) (新潮文庫)
(1969/03)
大久保 康雄、O・ヘンリ 他

商品詳細を見る

O・ヘンリ短編集 (2) (新潮文庫)
O・ヘンリ短編集 (3) (新潮文庫)

O.ヘンリーといえば『最後の一葉』か『賢者の贈り物』
前者は病弱な少女が枯れ落ちる葉を見て
『この最後の葉が落ちた時私も死ぬのね』といったものだから
売れない老画家が彼女のために壁に本物とみまごう葉を描いた。
アタシの母親が画家だから、言葉に出来ない思いがあるけれど、
もしも親が画家でなかったら、この少女の方をどれだけボロカス言う
トンデモな輩になっていたかもしれない(滝汗)。

いやはや、O.ヘンリーの物語というのは、それだけ
『そんないい人いないだろう』というのがでてくるのだ。
『賢者のおくりもの』で、お互いのクリスマスプレゼントのため
ジムはデラの美しい髪のために時計を売り払い
デラはジムの大切にしていた時計のために美しい髪を売る
現実的に考えたら、『コレでケンカおこらなかったんかい』と
いうコトになるんだけど(爆)
この話にはモデルがあるらしい。

けなげは若妻デラのモデルはヘンリーの妻、アソル・エステルだった
といわれる筋がある。
夫妻の過ごしたテキサス州オースティン。ここにO・ヘンリー記念館がある。
館長のバレリー・ベネット氏('07年現在 55歳)によると
二人のなれそめには建物の建替も関わっているという。
建物の裏側、北東の角に(March 2 1885)と浮き彫りにされた礎石が
あるが、その中の『メモリアルボックス』には妻アソルの髪が入っていた。

O.ヘンリー、本名:ウィリアム・シドニー・ポーターは1862年、
米ノースカロライナ州出身。父は薬剤師兼医師で、3歳の頃に母親を
亡くして以来叔母に育てられた。
1887年、ヘンリー24の時、当時19歳だったアソルと駆け落ちしてからは
彼の運命は波乱万丈を迎える。
結婚二年後にマーガレットが生まれてからは、アソルが結核を発病。
結婚後6年後、シカゴで万国記念博覧会があった。
気分が変わればアソルの病もよくなるのではと考えたヘンリーは
アソルに旅行を奨めるが、彼女は忙しいヘンリーがいけないのなら
と代わりに家具を買ったという。

今はケーキの名前で有名になってしまったが、
ヘンリーはかつては閑静な住宅地だったNYのグラマシー地区に住んでいた。
行き着けだった店は1864年開業の『ピーツ・タバーン』
土曜の夜になると伝統的な英国パブのような店内は立食パーティのような
さながらだ。
『酒だけじゃない、食事するにも当時はここだけしかなかった』
マネージャーはこう語る。

この二つだけでなく、ヘンリーの小説は実際見聞きしたものが多かった。
パン屋に売れ残りの古パンばかりを買いに来る男の話を描いた
『善女のパン』はかつてオースティンの製図工だった彼自身の実体験からだ。
古いパンくずのほうがケシゴムより消える。

ヘンリーはアソルの死から10年後、同郷のノースカロライナ州の幼なじみ
サラ・コールマンと再婚する。
その頃は酒びたりで肝臓をやられ、結婚生活も続かず一年で別居。
翌年に肝硬変と心臓病で死去、享年39歳だった。


『彼はアソルを心から愛していたと思うし、なくなってからでも
一緒に暮らしていたと思います。彼女との物語を書きたかったのでは』

ベネット氏の言葉と裏腹に、ヘンリーとアソルの墓は同じ所にはない。
『賢者の贈り物』のすれちがいは、一回だけにしなければ。
(写真は:『ピーツ・タバーン』)
ohenry
 
スポンサーサイト

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

【 2007/12/24 22:20 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

森永エンゼルパイ国際版?『ティーケークス』の行方

英国にはVATとはValue Added Taxってのがある。
日本の消費税みたいなもんで、税率は17.5%
これがまたややこしい。
日本みたいにスーパーで買ったもの一律についてる税金じゃなくて
『こっちはぜいたく品だからつくけど、あっちは
生活必需品だから』

その基準が『森永エンゼルパイとケーキ』
といわれたら『はぁぁぁ?』の世界でもある。
これで英国って30年も裁判で争ってられる国なのだから
イスラム原理主義者も真っ青だ。

コトの発端はこの『付加価値税』を決めた30年前に
出てきたとあるお菓子。
マーク・アンド・スペンサーというスーパーが考えた
森永エンゼルパイもどきの『ティーケークス』というお菓子が発端
これ、ビスケット状の台の上にマシュマロ+チョコかけ
という、『ビスケットかケーキかどっちなんじゃ』状態。

同じく英国でマクビティのジャファ・ケーキって
ペラいスポンジケーキの中にオレンジジェリー+チョコがけの
お菓子が出たときも『税金問題』で揺れた。
でもこっちは明らかにケーキなのになんで?というと
『チョコがけビスケット=ゼータク品』とみなされ 課税される(唖然)という。ワケわからない話である。
要は英国って、フツーに焼いたスポンジケーキなりパウンドケーキには
税金はかけないだろうけど、これにチョコなり生クリームが
かかってたら『ビスケット』とごたまぜの部類で『税金』とるつもりだろうか。

英国人でアタシぐらいの人は森永エンゼルパイがフツーにスーパーで
何の論争のタネにもならずに売られてるのをみて
さぞかしフシギだったろう・・・

ちなみにスーパーはずっと『ビスケット』と思って税金を
払い続けているらしい。
実は'94年に税務当局は『ケーキです』ったらしいのだけど
払い戻し額を値切ったのでスーパーが上訴。
只今の控訴金額8億円値切るとトンでもないことに。
国内だけで決着のつかなくなった『エンゼルパイ国際版裁判』どうなる?

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

【 2007/12/21 14:11 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ラーメン缶詰に出きるんかい、出来ちゃった~フジタカ~

ramenkan

オデンの缶詰知ってたけど
ラーメン缶詰に出切るんかい!と。
いやはやまいったね。
麺がのびないようにコンニャク主成分でマズくないっすか。
オデンの原理でマズくないのかな・・どうなんだろ。

発売1ヵ月で最初に用意した15万缶を売り切ってしまった
バクハツヒットを作ったのは『フジタカ(京都府長岡京市)』
ロケーション的には、『スーパーの前にあるGS的な場所』
にあるこの会社。 元々はタバコの陳列棚
(自販機のなかった時代はそういうモノで商売できたらしい)
を作ってたトコから自販機メーカーに
『おいおいオメータバコ売ってんのか』・・・じゃぁキビシー京都人の
クギざしになるだろうから、成人にだけ売るタバコ自販機を
作ったり介護サービスに進出したりと
後ろ指さされないようにしたのか、はたまた
大手と違うので前例を踏襲する必要がないので自由に出きるからなのか。

'07年4月に自販機で発売した『らーめん缶』
いまや『うどん』もあれば味にもバラエティが増えてその数10種類以上
最初はブログで火がつき、アキバ系にウケて、口コミから、商店主から
この自販機欲しいといわれた。

タバコや飲料水の自販機は飽和状態の現在。
_'06年の『おでん缶』がヒントになり『ラーメンはどうか』となったのがきっかけ
中味は人気ラーメン店と企画会社、缶はフジタカが開発の中心に
同社総合食品流通事業部主任の森川良洋さん('08年現在32歳)は
『中味は企業秘密なんでカンベンしてください』とのこと、オイ
麺に使用されているコンニャクの臭いを消すのにかなり苦労したらしい
フォークをどの様にしてそえるかも問題だったそうな。
あの『プルトップの上の二つ折り』に収まるまでイロイロあったんだろうな。

思わぬ喜びがあったのが'07年の能登半島地震。
被災地域に翌月避難所に1000缶配ったら喜ばれたという。
それ以来、自治体、防災グッズ店からも問い合わせが来るという。
ネットからも購入可能なので、近くにこの自販機のない人
どうだろう?

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2007/12/08 17:01 】

Company  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

解決できない傷跡『ジーナ6』事件

jina6
タイタンズを忘れない 特別版タイタンズを忘れない 特別版
(2005/12/21)
デンゼル・ワシントン、ウィル・パットン 他

商品詳細を見る

『白人の木』とよばれた1本の木から全米に反人種差別運動が
燃え広がった。『ジーナ6』事件

南部ルイジアナの田舎町ジーナでアフリカ系の高校生が
殺人未遂に問われたこの事件の背景にあったのは誤解か
偏見か。少年たちと、白人たちの意見は全く食い違う。
ディープサウスには、公民権運動の後もまだ人種差別は
根強く残る。
表面的には人種差別はあるようにみえないが、
白人と黒人の居住地が決まっており、私生活での交流は
殆どないというのが現状。
『自分が巻き込まれるまで、この町に人種差別があるなんて
思ってもいなかった。こんなことは僕で最後にして欲しい』

逮捕された一人はそう話す。

事件のきっかけは'07年以前にさかのぼる。
ジーナ高校の校庭にはその木陰に黒人生徒は座れないという
暗黙のルールをもつ『ホワイト・ツリー』があった。

'06年夏、この木陰に座る許可を求め実際に座った生徒もいた。
その翌日、この木に『首吊り縄』がつるされていた。
行き過ぎたヘイトクライムであるにもかかわらず教育委員会は
『ただのいたずら』と判断。
実行犯の白人生徒三人は停学三日だけで済んだ。
これを機に白人と黒人の生徒間でいさかいがおき、
'06年12月、1人の白人生徒が殴り倒されたとして,6人の黒人生徒が
逮捕された。
被害者の顔は膨れ上がったが、翌日には登校してきていたという。
しかし、黒人生徒の容疑は『暴行』でなく『殺人未遂』にされていた。
これは、事件のきっかけを作ることになった白人生徒に比べて処分が
重く不平等だ。

事件について州の反人種差別団体は
『不当に重い容疑の背景には人種差別がある』と検察当局を非難
抗議の輪は全米に広がることになった。
『もし人種差別がなかったら息子は逮捕されることはなかったはず、
フットボールが上手でクラスの人気者だったから主犯扱いされたんだと思う。
こんな町からは引っ越すつもりよ』
主犯格とされた息子をもつメリッサ・ベルさん(38)はそう話す。
彼は一審で殺人未遂に問われ、通常の裁判所に起訴され
10ヵ月成人と同じ場所に勾留されていた。
二審で少年裁判所に審理が移された後、少年は司法取引に応じ
暴行罪を認め、現在は無罪で釈放されている。

多くの住民が口をつぐむ中、地元紙ジーナタイムズの編集次長の
クレイグ・フランクリン氏('08年現在 38歳)は『町の代表』として語る。
話の内容は報道を覆すものだった。
そもそも事件のきっかけとなった『白人の木』は存在しなかった。
『木には黒人生徒も前から座っていた。つるされた縄は高校の
ロデオチームをからかう冗談にすぎなかった
逮捕された六人は札つきの不良だった上、
被害者の白人生徒は後頭部を強打され意識を失って倒れていた所を
踏みつけられた。これは殺人未遂にあたるのではないか。』
町の85%が白人、黒人は15%,、『ジーナタイムズ』の読者の多くは白人
間違った噂が広まったのは、メディアの怠慢な取材のせいと言う彼の
父は編集長、妻はジーナ高校の教員をしているフランクリン氏の言葉は
白人住民の言葉の代弁だ。

事件後、『首吊り縄』を公共の場につるすタチの悪い模倣犯が現れた。
FBIによると'06年米国で起きたヘイトクライム(憎悪犯罪)は7722件にのぼり
前年比で8%増えた。
その半数が人種差別が原因である
受刑者の人種の数に10倍以上の隔たりがあるアイオワ州のような所もある
アーカンソー州で'50年前に人種共学が試みられたとき
9人の黒人生徒が連邦軍兵士に守られ登校した
『リトルロック高校事件』で9人は『リトルロック9』とよばれた。
全米有色人地位向上協会(NAACP)の呼びかけで'07年9月、ジーナで
行われたデモには1万人以上が参加した。11月にはワシントンでも
同様のデモがあった。

『別の地区での裁判所で事件を冷静に審議してほしい、
『サーカス』は町から出て行って欲しいと住民は願ってる』

フランクリン氏の言葉は、米国社会の抱える問題でもある。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

【 2007/12/01 20:20 】

History  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。