普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

『必殺シリーズ』『てなもんや三度笠』藤田まこと時代劇を育てた人たち

yamauchimatsumoto

'07年に15年ぶりに『必殺シリーズ』がリバイバルされた
ここ数年時代劇がさえない中での注目作でもある
昼は奉行所のさえない同心、夜は殺し屋という設定
考え出したのは大阪・朝日放送のプロデューサーの
山内久司(写真右)だった。

『必殺~』の始まる前の'72年、東京発の
『木枯らし紋次郎』がヒットしていた
そこに山内はあえて、他局から時代劇という無謀な作戦に出る
最初は山村聰らがでる『仕掛人』だったが
『サラリーマン感覚の人間をだそうや』
という山内の提案で藤田まことが『仕置人』から登場。
藤田まことの登場の第二作で『必殺シリーズ』の人気は
定着し、『紋次郎』は姿を消す。

sawadatakaharu

藤田まことといえば往年の人には
『あたり前田のクラッカー』
『てなもんや三度笠』、あのギャグをやってた藤田氏自身は
『アレでウケてたってのは国民はヨッポド何も見るもの
なかったんでしょうねぇ(汗)…』

とシラけ気味なのだけど(爆)
アレを演出したのは『必殺シリーズ』で藤田氏をだした
山内氏と同期入社だったという澤田隆治氏('07年現在74歳)
『東京の視聴者を意識して、あまりベタなことを
いれないようにしました』
だから典型的な江戸っ子の母親でも見れたのか

その反面、『探偵!ナイトスクープ』を手がけた松本修(写真左)は
『関西の人たちは自分をおとしめても回りが
笑ってくれるとうれしい、けったいなところがある』

それを番組にしたらしいが、我が家では不評。
ちなみに、関西でも京都・神戸ではウケないと思う
あえていうなら『大阪限定』でウケるつくりだろうなと
『恥の文化』をしる京都だったら、ああいう番組は
お金を出せるものではないだろうし。

『関西発信の番組』もある程度の考慮は必要である
見る人あっての黄金時間帯進出なのだから
スポンサーサイト

テーマ:懐かしいテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2007/08/28 16:45 】

TV  | コメント(0)  | トラックバック(2)  |

『エンタの神様』を作った視聴率男~五味一男~

gomikazuo

日テレ系の番組で近年、この人の名前をよく見る
五味 一男、日テレの執行役員。
『エンタの神様』のプロデュースしかり、『24時間テレビ』の
マラソン企画を流したのも彼だ。
(マラソンはええ加減にやめりゃいいと思うのだけど・・・)
アレも最初は、2分×10回で持たせて
『企画のサイドメニュー』のようにするつもりだったらしい
が、あまりにも現場が盛り上がってきたので、急遽
番組枠を変更して、ああなったとか。

彼が心がけたのは
『コドモからオトナまで家族そろってみれる番組つくり』
70代の両親、10代のコドモがいる家族の五人家族
全員に自分の作った番組をウケて貰おうと思った結果だろうか
が、本人が好きなのは『家族むけ』からかけ離れたものらしい

テレビなら深夜ドキュメンタリー
日テレならスクランブルの取材班が特集してるアレだろう
単館系のアートシネマを見ることもスキなんだそうな。
番組はというと
『公共としての放送局に身を置くテレビ屋としての使命』
として封印してるそうな
かといっても、『エンタ』のようにテンポもはやく、いち早く
流行も届けながら、今までの笑いも届けるスタイルを
彼の両親は『判らない』というのだから
趣味趣向が昔以上に多様化し、番組作りは難しくなっていく中、
地上波のプロデューサーはどのように番組を生き残らせていくのか

テーマ:エンタの神様 - ジャンル:お笑い

【 2007/08/23 16:37 】

TV  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

夢をありがとう甲子園~ウクライナ出身の打撃投手~

garanin

甲子園には魅力というより、魔力がある。
プロになったらもう忘れてしまうようなものが
イチローも松井も大リーグで勝ち抜く秘訣はと
聞かれて、日本のプロ野球以前に
甲子園の高校野球
それは見て、体験してみないと判らないもの
と言ったという。

'07年の甲子園高校野球、決勝で惜しくも
準優勝になった広島の広陵にウクライナ出身の
選手がいた。
ガラニン・ヤン選手、8歳の時に母親の仕事で
ウクライナから来日
『なんで空振りするんだろ』
テレビのプロ野球中継を見て、今まで見たことのない
スポーツに惹かれ野球チームに
でも、面白くない、やめた。
中学でも野球部に入部、グランド整備をサボって
帰ったこともあった
強豪なら上手くなる。そう思って進んだ広陵
びっくりした
午後三時半から4時間ひたすらグランドを走る
『巨人の星』じゃあるまいし。
これが本気で甲子園を目指す学校なんだ
かえってすぐ寝る、朝が来る、そんな毎日
高1の冬、監督に注意され『辞めます』といった
『そんなことでは社会に通用せんぞ』
すごい剣幕でしかられた。
本気で叱られて、それから努力を続けてきた。

甲子園練習で初めて打撃投手をさせて貰った
甲子園の土はフワフワしていて無重力みたいだった
決勝戦は一塁側アルプスで応援、
『ここまで連れてきてくれたメンバーに感謝したい』
だからこそ優勝したかった。
でも、逆転された
『なんで、負けたんじゃろ』
悔しくて涙が出てきた。
負けた学校の生徒はみんなそうだ。
それを感じれるのが甲子園。
大学でも野球を続けたい。続けられるなら。
夢をありがとう、甲子園。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

【 2007/08/21 16:13 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

『The Five Corners Quinted』と『Trading Eights』とビバップ

ザ・ファイブ・コーナーズ・クィンテット - チェイシン・ザ・ジャズ・ゴーン・バイ - Trading Eights
『The Five Corners Quinted』『Trading Eights』
ザ・ファイブ・コーナーズ・クィンテット - チェイシン・ザ・ジャズ・ゴーン・バイ
アルバムダウンロードはこちらから
それは何気に立ち寄った某CDショップの試聴コーナー
こんなにNUジャズにハマることになるとも思わなかった
という曲が『Trading Eights』

なんてカッコいいんだ!!!

いや、元々ジャズは好きだった音楽として。
古いモノは元々、ス○バで流れてるようなモノも
でも心からズドンと響いてきて『キター!!』となるものがなかった
こんなにガンガン聞きまくったのはJourneyの
『Higher Place』(’00)以来だったから
ホントに5年以上いい音楽に出会ってなかったつーコト?
それまでCDは買ってもPCに焼いてメディアに録音して
Amazonで売り飛ばすというゾンザイなコトをしていたのに
最近ガンガンCDを買っている、なんてこった

『Trading Eights』のおさまってるアルバム
『Chasing The Jazz Gone By(過ぎ去りしジャズを追い求めて)』
シブイ、粋だ それに恥じない曲の内容で、'50年代~'60年代のビ・バップの
再現をテーマにあくまで冒険より基本忠実でありながら
メロディーを美しくしてるのがうまく纏まってるところだと思う
これがデビューになる『The Five Corners Quinted』
もう既に、メンバーのうち、パーカションのテッポ・マキネン、
ラッパ+フリューゲルホーンのユッカ・エスコラ、
アルトサックスのティモ・ラッシーはソロアルバムを出してるのだが
それぞれのアルバムにも参戦してるところがジャズのいい所
ロックでは別のバンドのギタリストやヴォーカルが違うバンドの
ギターやヴォーカルはしないだろうが、ジャズでは往々にしてある
だから楽しい,名演(迷演??)もある。

FCQのプロデューサーはニュー・スピリット・ヘルシンキの
中心的存在,トーマス・カリオ
メンバーはレコーディングやライブセッションなどによって
フレキシブルになる体制になっているが、
ユッカ・エスコラ(tp,flh),ティモ・ラッシー(ts,bs,fl)
エーロ・コィヴィストイネン(ts),テッポ・マキネン(ds,perc)
セヴェリ・ピサロ(vibes),ミカエル・ヤコブソン(p)
キム・ランタナ(p.org),アンチ・ロジョネン(b)
アブディッサ・アッセファ(perc)なんだけど
主に名前で聞くのは最初の四人かもしれない(汗)
'05年にブルーノートライブで来日してきたのも彼らだったし
FCQが注目されることになったのも
'60年代からのフィンランドサックス奏者の大物・ユーロが
メンバーにいたことだったからかもしれない

FCQの前身、ニュースピリットヘルシンキが結成されたのは
'98年、ユーロの存在により注目をあびたこのグループ
ジャズファンク概念を持ち込み、ジミー・テナーと共に
フィンランド・ジャズ界を
牽引してきた。
そのニュー・スピリット・ヘルシンキから'03年、
生まれたグループがファイブ・コーナーズ・クインテット

またユッカをはじめとしてメンバーがヘルシンキの
一流音楽学校シベリウスアカデミー出身というのも
見逃せない。
吹雪とともに熱い風を運んできた北欧ジャズに目が離せない

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

【 2007/08/18 12:19 】

Music  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

『ファウンテン~永遠の愛~』と『100万回いきたねこ』とJourneyの曲

映画『ファウンテン~永遠の愛~』は
癌で余命三ヶ月と宣告された妻イジー(レイチェル・ワイズ)に
外科医の夫トミー(ヒュー・ジャックマン)はありとあらゆる手を
尽くして治そうとするけれど、余命がないとわかってるイジーは
書きかけの物語をトミーに渡して
『最後は貴方が完成させてね』と言って息をひきとる
それは現在・過去・未来、いつの時代も巡り合った恋人たちは
『運命をうけいれなかった』り『生まれてきた何か』が
判るまで、結ばれることがないまま、生まれ変わっては
どちらが先に消えていく・・・

これを見て思い出したのがJourneyの『Arrival』というアルバムに
収録されている『Kiss Me Softy』と名作になった童話
『100万回いきたねこ』
まずはJourneyの方から


'98年5月にヴォーカルのスティーヴ・ペリーが事実上脱退し
再結成不可能といわれたJourney
それが声質も『よくこれだけ似ていてメンバーと
意気投合できる人を選んできた』というスティーブ・オブジェリーを
ヴォーカルに加えて再結成して'00年に録音したのがアルバム
『Arrival』。
『Kiss Me-』は珍しく、ジョナサン・ケインがヴォーカルを
とるのだけど、ギターのニールが気に入ってる曲の一つだそうです

There's a stare of grace that happens every day
It's a feeling I thought lost or locked away
Another question to an answer that I know
Oh, are you coming home,coming home for sure
I'd walk thouand miles,just to hear you calling out
my name.
*Kiss me softly Kiss me slowly
I get in lost in you like only lovers do
Hold me closer love me tender
I get swep away like only lovers do
You've awakened something deep inside my soul
And every moment, every breath I feel it more
Your hidden tresure that you keep down
deep inside
We make love freely as we watch the new sunrise
I'd live a thousand lives if every one I live could
be with you...
*Repeat
I'd thousand lives
If every one I lived could be with you
*Repeat
Only lovers only lovers only lovers do...

毎日経験する出来事
道に迷ったような疎外感
知ってる答えへの新たな疑問
君は帰ってくるのか、本当に
僕の名前を呼ぶ声を聞くためなら
1000マイルでも歩いていこう・・・

*優しい口付けを ゆっくりと
君に夢中なんだ 恋人たちのように
抱きしめておくれ 愛しておくれ 
僕は流されて行く 恋人たちのように

僕の魂の奥を目覚めさせた君
一瞬ごとに一息ごとに感じる
君が心の奥に秘めていた宝物
新たな夜明けを見ながら愛し合おう
ずっと君といられるなら
1000回でも生まれ変わりたい・・・

*(Repeat)

ずっと君といられるなら
1000回でも生まれ変わりたい・・・

*(Repeat)

**恋人たちが、恋人たちだけがやるように・・・
**(Repeat and Fade Out)

『百万回いきたねこ』のとらねこは
100万回死んで、100万回生き返ったねこ
100万人かわいがってきたのに、とらねこは
どの飼い主からの愛情も伝わらなかったし
どの飼い主の職業も風景の素晴らしさも
伝わらなかった。
それは自分が一番だったから。
そんなとらねこが、ある日美しい白猫を見つけます
その白猫がとらねこの子供を沢山
産んでくれて、とらねこははじめて
自分より大切なものが判ったのです。
そして白猫が死んじゃった時に
100万回泣いて、自分も死んでしまうけど
もう辛い思いをして生き返らなくてもよくなる・・・

『ファウンテン~』でのトミーも最後に
自分以上の大切な相手をこれ以上束縛しないで
置こうと思ったその時に、生まれ変わりの輪廻から
逃れられたんじゃないかなと思ったのでした。

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

【 2007/08/16 16:22 】

Music  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

修理フランシャイズ~ミスター・ミニットの生い立ち~

私の足はナカナカ難しい
靴は殆どセミオーダー、でないと靴ずれの嵐
ぶっさいくなので、『シンデレラの靴』ちゅーワケじゃないけど
折角買ったセミオーダーの靴、高いので
大切にしないと意味もない
つーので靴の踵、底が減るたびにいくのが
デパートにある『ミスターミニット』
色んな靴修理いったものの、結局、
1:立地的に便利だった
2:全国どこへいっても同じ値段だった
3:同じ修理内容だった
4:ついでに合鍵もつくれる+買い物が出来る
などなど・・・朝行って晩に取りに行くということも
出来たというのもある。

その『ミスターミニット』
半世紀以上前、ベルギー・ブリュッセルの街角で
米国人のドナルド・ライアンというビジネスマンが
石畳にヒールが挟まって困ってる女性を見かけて
『職人気質のお堅い靴修理でなく、困った時に
気軽に立ち寄れる』

修理屋さんサービスを思いついた
そしてカフェスタンド形式の第一号店を'57年に
ブリュッセルのデパートに開いた。
店名の『MINIT』は英語の『Minute』から
『分』という他に『ちょっとの間』という意味で
『クイックサービス』というニュアンスにピッタリだった
世界19ヶ国に広がったこのビジネス、
日本には'72年に日本橋三越と高島屋の同時出店で
開業したのが始まりである

女性からの靴修理依頼が8割をしめるらしい
やっぱり靴は大事なのか。
そういいつつ、大事な仕事の前でピッカピカに
磨いて欲しい時には,よくビジネス街の
玄人の靴磨きのオジサンに
磨いてもらった。
アレはホントに驚いた。どんなくたびれた靴でも
蘇ってしまうのだから神業だ・・・

テーマ:便利・お得な情報 - ジャンル:ライフ

【 2007/08/12 18:07 】

Company  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

『一流の顔』を見続けたメークアップアーティスト


『顔は名刺、化粧と同じでそれを相手に
気持ちよく渡すための工夫です』

そう語るのは、ソフィア・ローレンや三島由紀夫など
著名人のメークを40年以上手がけてきた岡野宏さん('07年現在65歳)

岡野さんは'64年にNHKの関連会社、NHKアートに入社
'00年に退社するまでメークを担当
柔らかい物腰で対話しながらメークをする姿勢から
俳優・著名人からの信頼も厚かった
『人の顔は左右対称だと美しいが完全な対象だと
人間離れした冷たい印象になってしまう』

女優、吉永小百合を映画『夢千代日記』で担当した時
小さな温泉旅館の芸者という設定だったのに
彼女の顔はあまりにも完璧で雰囲気が出ずに困ったという
行き着いたのが顔のトーンを暗くし、口紅の色を地味にすることだった

『後のドラマの政治家役のメークの参考になった』
という程好きな顔だったのは田中角栄
個性の強さが顔に現れていたという
皺、シミ、一挙一動をメモしたのが参考になったそうだ
反対に素顔に驚いたのは往年の大女優ソフィア・ローレン
バランスの悪い顔だったという
口が大きいのに目が小さい。彼女は自分でメイクしていた。
アイラインは上側はタバコをへの字に曲げたほどの厚みのあるものにしていた
『唇にあわせて目を大きくしていたんですね』

『人は誰もそんなに強くはない、だから鏡を良く見るのが大事
己を良く知り、自分の見せ方を考える。
俳優でなくてもそれが出来れば人生の成功につながる』
数々の著名人の『無防備な姿』に向き合って来た匠の本
残暑お見舞いにいかがでしょう。

テーマ:映画を楽しむ - ジャンル:映画

【 2007/08/10 17:57 】

Fashion  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

パリの地下鉄ツアー

『地下鉄の車両はどこから入れたのでしょうか』
という漫才がひところの日本にあったが、あの謎がとけた一夜が
パリにあった

午前0時、操車場を出発する一度の『パリ地下鉄ツアー』
古い車両の保存や修復に携わる有志の地下鉄職員が主催。
約200人のファンが乗り込んだ緑と赤の電車は
'30年代に作られた年代物

『皆さん幸運だ、座ったまま乗り換えられるのだから』
案内役の車掌。なるほど、電車の進行方向が逆転したかと思えば
急に支線にそれて、隠し扉を開けるように、次々と路線を変える
14路線あるパリの地下鉄、実はお互い網の目で結ばれていた
というからくりを知ることになる。
ホームでは最終列車を待つ人々が通過していくレトロな列車に
あんぐりという場面もあるそうだ。
戦時中の統制で閉鎖された廃駅にも停車し、
17世紀のトンネルを活用した路線もあるという。

皆がシャンパンで乾杯し、電車が操車場に戻ったのは夜明けの5時
そんな地下鉄ツアー・・・日本でやっても、ここまでの歴史がないと
深みが出てこないのかなぁ・・・どうなんだろう・・・

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【 2007/08/09 18:11 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アタリ多しハウスオムニバスのベストバイは一曲目


巷は全国夏の甲子園まっさかりというのに
CDショップに避暑・・・寒い過ごし方だ・・・(爆)
先日紹介したティモ・ラッシーのCDが
いきなりプライスダウンになっててショック
売れると踏んだらすぐにバンバン再版して値下げか~
アーティストの価値を下げるんじゃない(怒)
ファロア・サンダースの再来・・・っても判らんケバいメイクの
つっかけ履いたクラバーのネーチャンにティモを買われた
日には泣くぞ(号泣)・・・ありえるジャケ変更にされてしまった

そのやけやんぱちで、今回、クラバーが泣いて
喜びそうなCD紹介。
HOUSE NATION Tea Dance - Premiere Gig
前回のVol.0が、『焼き増し』という内容に近かった
オムニバスアルバムだったのに対し、今回は
各ハウスオールスター、お国柄関係ナシの最強札
AVEXが大元なので、曲調が同じようなのが続いてしまうのが
難点・・・なんですが、AVEXはチョット・・・という方でも
一曲買いからでもいいんではないでしょか。
ワタシのオススメは一曲目の、Shine / Booty Luv
日本で流行ったハウスリミックス、単調でまくし立てる歌詞のが
多かったので、コレはツボにハマるのではないかと。
この後にエンリケ・イグレシャスのRhythm Divineのリミックス
あわせるといい感じかも知れないです
(あわせるポイント間違えるとトンデモですが)
mixiで話題になった元気ロケッツの独占リミックスも入ってる
ことですし、『今年はハウスだ』と思う方はどうぞ。

・・・といいつつ、ワタシは一曲しか買ってないという(笑)

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【 2007/08/07 21:43 】

Music  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

枕かわると眠れない人へ~テンピュールのトラベルピロー~

旅行先で枕がいつものヤツじゃないと眠れない
そんな人のためにイ○ローも使ってる
カンケーないけどアタシも愛用してる(コラ)
テンピュールのマクラ,母親は、マクラだけじゃなくてマットも使用
ワタシは先立つモノがないのでマクラだけ、いつか
マットレスも買うぞといいつつ、あのマットレスの重さに
ビックリしたという、はぁ

二泊三日ぐらいならいざしらず、海外に一週間
そのうちの一日は飛行機の中or観光バスの中
とかだったら、やっぱり欲しいマイピロー
中にはむくみ防止のためにフットピローまで持っていく人も
いるかもしれない、そこまでしなくても今回
家でも昼寝に使えそうなマイピロー
iconicon
テンピュールトラベルピロー icon
一週間の長旅or研修旅行+ホームステイなど
『短期間どうしよう』にあったときコレ便利。
どこでもマイピローで眠りたい人のためにキャリーケースつき
あ、そうそうケースはあくまで『ケース』普段は中から出してね
iconicon
バスなどの移動のクビの疲れに
テンピュールトランジットピロー
icon
『使い終わったら使い道ないじゃないのよ』
・・・うつ伏せ寝』用のマクラにどうでしょう。
この、真ん中開いてるトコに顔入れて(爆)

どちらの素材も通気性にも優れていて、カバーは
はずして洗えます。
テンピュールの原型が生まれたのは'70年
NASA(米国航空宇宙局)のエームズ研究センター
「ロケット打ち上げ時の、宇宙飛行士にかかる
強烈な衝撃を緩らげること」
だったそうです。
その技術が'91年にデンマークで寝具を中心に製品化。
旅行商品開発はテンピュールの原点回帰かもしれないですね。

テーマ:★旅のお役立ちグッズ★ - ジャンル:旅行

【 2007/08/04 12:28 】

Fashion  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。