普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

皆のお手伝いから始まるド短期バイト『LOVE JOBS』


最近流行りの『ド短期バイト』
残業効かない+体も弱い身+家と親戚が
足腰不自由なジーサンバーサンだらけの身の上
としては、『へぇ、こういうのもあるのか』という
サイトがあったのが『LOVE JOBS』
というサイトの中の動画。URLはこちら
http://lovejobs.jp
『人は1日24時間で何種類の仕事をすることができるか?』
サイトの中にYou Tube動画のURLがあるので、実際に
『ド短期バイトの登録の限界挑戦中!』までやった
んだろうなぁと。一日14コ・・・ワタシでも最高3つだぞ・・・
前に語学学校に行ってた時も、一緒のクラスに居たコが
学生なんですが『お給料いいから』と深夜から夜明けまでの
受付業務に行っていた。
こういう『誰もやりたがらない3K隙間仕事』やスーパーの販売
イベントの片付けというイメージしかない、ド短期バイト。
この動画には、『お買い物代行(何でもやさんかな)』や、
車磨きもあったりする。
結構、『お買い物代行』などの『お手伝いさん系』は
地方紙の求人欄に,内職や看護婦さんと一緒に載せられてる
あまりいいイメージじゃないのだけど、こういう風に
携帯から応募可能だったらいいんじゃないかな。
もう一つ、ゼータクをいうならば、俗に言うところのニート系が
外に出て行けない一番大きな理由は
世間様の役に立てないというコンプレックスや、もしもこういう
『お手伝いさん系』のド短期バイトがあったとしても
自分の家の近くだったら何を言われるや判らない
…ので『勤務地』も選べるようにしたらなお、どちらにもグーだと
思うし雇用も長続きすると思うのだ。ガンバレLOVE JOBS.

スポンサーサイト

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

【 2006/12/25 10:45 】

Society  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

フランスに広がるイスラム社会とは

francetakidashi
フランスには民族や人種にかかわらず市民は平等な
権利をもつ
という原則がある。
それが故に厳格な政教分離も貫いてきた、が、'05年、
イスラム教の暴動を機に、少数派に配慮する動きもある
一方で『右翼』はソフト路線で締め出しにかかって
いるのも事実だ

パリの下町、ドイツへ向かう列車が発着する『東駅』
路上に停車した男女が手際よく鍋を運び出して言う
『今日は暖かいスープ、デザートもあるよ』
待ちわびたホームレス50人が取り囲みジャンパー姿の
男たちが具たくさんのスープで暖まる。
この下町の風物詩を主催するのはキリスト教団体や
人権団体,が裏をひっくり返すと、右翼政党、国民戦線(FN)
がからんでいるのだ
FNの慈善活動は炊き出しにとどまらない。国内の
貧困家庭支援やアフリカへの衣料品を送ったり、
右翼の『強面』を払拭したいから
FNのルペン党首は、こういった『ソフト路線』に
力を注ぐが寛容そうな中に、差別観念が見え隠れする。
右翼の炊き出しには必ず『豚肉』が入っていることだ。
この日の『東駅』の炊き出しには豚のベーコンが入っていた。
フランスの伝統食だから白人は喜んで食べるが
イスラム移民には食べられない。
ホームレスの大半を占める、イスラム教徒への嫌がらせ
でもあるわけだ。
FN系の炊き出しはニースやストラスブールへと
広まったが『ネオナチだ』と批判が強まり、この日の
炊き出しも解散に追い込まれた。

かつての食肉処理場の跡地にモスク(イスラム礼拝所)を
立てるのに市が助成金を出したことで、建設予定地に
豚の頭部を放置する嫌がらせも起きた町もある。
また、欧州社会で黒人のメディア進出が遅れているのも
フランスだ。
毎晩880万が観ているといわれる民放TVの
ゴールデンタイム午後8時の代打キャスターに'06年初の
黒人キャスターアリー・ローゼルマックが<起用された。
彼は黒人ジャーナリスト団体『アベロエス』の一人で、
彼の起用は大きな前進にもなる。
が、本当に少数派が社会に『自然』に溶け込んで
いくのはこれから
今は『優遇することで民族の違いをあぶりだすのか』
という批判も出てくる
そのままにしてはいけないだろう。

テーマ:フランスの政治と社会 - ジャンル:政治・経済

【 2006/12/15 17:19 】

Society  | コメント(0)  | トラックバック(1)  |

富士通のオンラインショップ『Webmart』


私が一番最初に買ったPCはFMVビブロだった。
なんと7年半以上もったので
モトはとったも同然かもしれない
そんな富士通から満を期して『オンラインショップ』
が出たらしい。
これでDELLをはじめとするBTOだけでなく、
ソニー、NECら『オンライン』を先取りした
既存の大手電気メーカーに足並みをそろえることになる
オンラインショップサイト『Web Mart』では
『欲しいPCを仕様や色、好み』から選んでいくことが出来る。
look

WebMart限定PC『Look-Tシリーズ』(写真上)では
九種類の色から選べるので、
『同じ仕様でも色にこだわりたい』人向け
また現在行っている『最新モデルカスタムキャンペーン』
では、先着500名に周辺機器+ソフトウェアのプレゼント!
普通『最低でもン千円(某BTO会社)』のこの周辺機器
タダでもらえるならいいではないか。
メモリUPは半額(大体の大型電気店はせいぜい二割引)。
これは利用しない手はないと思う。
もし、自分が宝クジか何か当たってビブロをもう一回
買えるなら…う~ん…
この中の、FMV-BIBLO MG75TNあたり
イチオシです。ラップトップを長く使うので。
CPUが Core Duo、メモリは最大2GB HDDは最大120GB
最低価格で191,800円、メモリ増量なども考えても
7年前に買ったビブロより格安。
Officeを持っている人なら『搭載・非搭載』モデルを
選べる所はメーカー品としては珍しい所かも
メモリやHDDを増やせるのはVista搭載を考慮に入れて
の事だろう
この冬から春『BTOのPCどうしよう』とお考えの方、
富士通もいかがでしょうか。
気になるオンラインショップはこちらから
ただいま破格のアウトレットも開催中のクリスマスセールも
お見逃しなく

http://www.fujitsu-webmart.com/xmas

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

【 2006/12/10 22:14 】

News  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

三宮のボビーさん、再起へ一歩

bobbyinsannnomiya

『ホームレスは与えられるばかり、全てを失った人にさえ
喜んでもらえたあの時が、どれだけ嬉しかったかわかるかい』


12年前の阪神大震災の事をこう語る人がいる。名はボビー
53歳、震災の時にボランティアに駆けつけ、街の復興が
進むにつれ生活は荒み、ホームレスになってしまった。
三宮市の支援団体の支援で、簡易宿泊所に入所して
働いていることもあるが、いつまたホームレスになるかも
しれない。

ボビーさんは、占領下の沖縄で米兵と日本人女性の間に
生まれ父親の顔を知らずに育ち、継父だった米兵と共に
6歳の時、転勤でハワイへ、19歳で陸軍に入隊し
ベトナム戦争で負傷し帰還した。
米国の永住権を持つが、国籍は日本、フィリピンで暫く
暮らし'92年に一人で来日した。人生にも心にも傷を
負ったからこそだろう。

阪神大震災を知ったのは東京の金属工場で働いていた時
じっとしていられなくなり、社長とやりあい、会社を辞め
カップめんを抱えて、日本語もろくに話せないまま
神戸へと旅立った。

神戸市灘区でボランティア『神戸元気村』の代表を務めた
山田さんはそんなボビーさんをよく覚えていたという
毎日数千人の炊き出しのためにまき割りをし
英語とタカログ語で超過滞在のフィリピン人の被災者の
相談にも乗り充実した一年だったという

しかし、救援活動から一年たち、荷役や、英会話講師
神父のバイトを経験する中、神戸に再開発の波が訪れると
『疎外感』を感じるようになったという。
日本人の恋人の死も重なり、'05年夏には仕事も部屋も失い
財布を盗まれ、ハワイにいるはずの孫の写真も
無くしてしまったという。
そして、何もかもなくした中で、ボビーさんの『再出発』が
始まった。アルコール依存症におぼれかけた彼が治療に
治療にのりだし、仕事も見つけ出した。
それはいつか来るであろう『大切はこの思い出の
この街を守れる自分であるために』

だらだらと自分を慕ってくれている人の『好意』に甘える
だけでは『一歩』は踏み出せないのだと。

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

【 2006/12/08 11:31 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

議員愛用美容院移転~キャピトル東京・村儀美容室~

capitolbeautysalon

'63年の開業以来『議員会館の隣』という立地条件も幸いし
多くの政治家を中心とした要人を顧客をもち、
小泉元首相のライオンヘアの生みの親でもあった
『キャピタル東急』の美容室、『村儀美容室』が'06年
11月末に幕をとじた。今後は移転先の『ヒルトン東京』で
腕を振るうというが'10年に、キャピタルの跡地に立つ
複合施設にまた戻ってきて欲しいという声は多い。

親子二代で要人の髪に鋏を入れてきたという店長の
村儀匡さん('06年現在48歳)。
マッカーサー元帥をはじめ、歴代アメリカ大使の髪を
整えてきという、父親の保さん('06年現在83歳)は
常連さんのために週に二回は店に姿を見せていたらしい。
開業当時は『ヒルトン東京』と外資系ホテルだったため
客層の7,8割は外国人だったらしい。
'84年に現在のホテル名に変わると、客層は一機に政治家が
増え、五つある席が全て国会議員で埋まったことも

『犬猿の仲と言われる先生方が同席しないように気を
使ったこともありました』

というお店側としての配慮もあったらしい。
小泉元首相は30年来の常連で、必ず中央の席に、
安部首相は一年生議員の頃から通っていたという。
が、どの政治家も政治の話は禁物だった
リラックスの場と決めていたようだったという。
セットには通常一時間、髪を切りましたとわからないような
『自然な』仕上がりにこだわるという。
そんな彼の腕にひかれてか、『時代の顔』も立ち寄った。
ジャイアント馬場、ショーン・コネリー…

最終日の朝にはわかれを惜しむように、常連客が立ち寄った。
『'10年にホテルが建ってもまたここに戻ってきたいですね』
それはお客様のためなのだろう。

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

【 2006/12/03 20:08 】

History  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。