普段目にしたり聞いたりして興味を持った雑学を集めてみました。新聞からお笑い、TVドラマ、ふと目にするものの由来までどうぞ。

プロフィール

stringfellow

Author:stringfellow


フツーに雑学に興味ある方

歓迎します。荒らし、同人

客観的にモノ見れない方、

オコチャマ、アダルト等

マナー守らない方

お引取り下さいませ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

社会派特撮監督・実相寺昭雄さん死去



円谷氏の「ウルトラマン」を正統派とすれば彼の
監督作は『社会派』だろう。
常に『ヒーローは完璧じゃない』『異性人全てが悪い
わけじゃない』と、現在にも過去にも横行する
日本人にありがち(…というか厳密にいうとA型人間に
多いかもしれない)『レッテル主義』を破ったのが
映画監督・演出家の実相寺昭雄氏だった。

『ウルトラマン』以外にも映画『帝都物語』『姑獲鳥の夏』
とマトモ系も撮ってるかと思いきやこの人
某アラーキーに通じるトコもあり(ホトンド監督版アラーキー)
AVになるのかどうなのかわからないAVや
どうしようもないバカ男が風俗に通う小説
(なんと監督の自叙伝つー説もあり)まで書いていたりする

トドメが『風俗と監督とどっちがいいんです』つーと
『風俗』と答えちゃったりするんだから
ウチの親は、代理店で大昔TVで映ってるキレイな女優さんと
お仕事できるのが楽しみだったそうなのだけど、
素顔や素行にゲンメツしたそうな、実相寺さんも同じようなモノ
だったのか『女優さんの素肌をクローズアップ』なんて
トンデモなマネをしてたらしい。
今、サスペンスに出てる往年女優の顔には殆ど紗がかかってるのに
やったらイカンといわれるとヤリたくなる
えらくなってもAVこっそり撮ってたのはその裏返しですね。

まぁ、彼の『風俗方面の愚考』はここでおいといて…
肝心の初期の『ウルトラマン』シリーズではベテラン監督との
衝突やボツネタの繰り返し、昔のボツネタを有名になってから
使っていたという逸話もあったそうな。

『ウルトラマンシリーズ』は製作サイドが海外輸出を念頭に
製作してきたものなので
『日本情緒を感じさせるものを作品中に入れないように』
というお達しがあった。
それを『破って左遷』になったのが彼。
『怪獣は怖い』という概念が壊れたのもこの人。
『怪獣がホームシックになる』という話や、
『ウルトラマンセブン』第八話の『ねらわれた街』では
宇宙人との交渉の場にちゃぶ台をもちこむセットを
作ってしまい命取りに。

ここまで書くと『単なるバカ』にしか見えないのだけど
彼の手がけた『ウルトラマン』のエピソードで一線を画すのは
『スペシウム光線』などの必殺技が出てこないことだろう
『何らかの理由で宇宙から来た異性人には
事情を理解して帰って頂きたい』
これも『日本人の作るヒーローもの』であり間違っても
米国のように武力行使の国向けではないだろう。

彼の監督作品を知らない人でも
『ああ、あれね』と判りやすいエピソードといえば
『ウルトラマン』ことハヤタ隊員がカレーを食べているシーンに
出動がかかって、いざ変身・・・できない。まじまじと
空中高々とあげていた手を見るとカレースプーンを握っていた。
第34話「空の贈り物」のシーンである。
これを手がけたのが当時、TBSから出向演出をしていた 実相寺さんだった
『ヒーローだからこそ、欠陥や落ち度もある、そこに視聴者は
共感し、ヒーローも人々を守ろうとする』
という『現在のヒーロー像』にいたって普通な論理が当時、
黒澤明監督のお膝元で助監督を積んだ、野長瀬三摩地の
監督には全く通用しなかった。彼曰く
『ヒーローは完全無欠であるべき』。
まぁ野長瀬も黒澤明という稀代の『完全無欠』の監督と
黒澤氏の元で仕事をする『稀代まれなる才能をもつ』俳優を
見てきたからこそ、『ヒーローに関する概念』は『完全無欠』と
なったのであろう。

'06年12月の公開の『シルバー仮面』の封切りを前にして
'06年11月29日の夜中、胃癌でお亡くなりになられました。
20日に『シルバー仮面』の試写会に出られた矢先のことでした
まだ、69歳だったそうです、告別式は12月2日に文京区・湯島の
麟祥院で。喪主は妻で女優の原知佐子さんだそうです。

七転八倒の人生、お疲れ様です。
スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

【 2006/11/30 14:49 】

Movie and Theather  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

映画『ありがとう』モデル古市忠夫さん

furuichi
史上最高齢、59歳11ヶ月、ホトンド還暦
サンデーゴルファーからプロになったカメラ屋のおっちゃん
古市忠夫さんを主人公にした映画『ありがとう』が
赤井英和主演で公開されていた。
阪神大震災…あれから10年以上経つと言うけれど、
かえって被災したはずの神戸の人たちに支えられて
『対岸の火事』になっている地域に住んでいる上司を
今でも酷いと思うのである。
それぐらい『災害』というものは、人の人格を浮き彫りに
してしまうということを、まざまざとみせつけられた。

映画は'95年1月17日の阪神大震災から始まる。
寝室で寝ていた古市さんは奥さんと娘さんを避難させ、
消防団としてかけつける。
古市さんのカメラ屋のある鷹取商店街は、倒壊して変わり果てた
街のあちこしから火の手があがり、三日三晩燃え続け
995棟が全焼、105名が命を落とし,彼のの家も全焼…
『わしらは生かされて貰ってるねん、
文句いうたらあかん』
家族に自らに言い聞かせ
街の復興に向けてボランティア活動に取り組む。
ある日、彼は自分の車が無事だったことを知らされた。
しかも駐車場だけ1ヶ月前に新しく借りていた上
偶然にもそこに車をとめていて、しかも普段は車に
入れないゴルフバックをつんでいたらしい

無傷のゴルフバックを『天命』と信じ、2千万の借金の中
古市さんはゴルフのプロテストに挑戦することを決意する。
『『ゴルフは技術だけでなく心の格闘技だ』
震災で全てを失った今、それを証明してみせる』 呆れ顔の家族と街の人々が見守る中、猛練習が始まった…

その古市さんの活躍を題材にしたノンフィクション
『還暦ルーキー』(平山譲著)が出版され、試合、講演と
ますます多忙な日々を送りつつ、消防訓練も続ける。
『地震はさけられないが、その後の努力で
火災による犠牲者をなくすことは出来るから』


彼のプロゴルファーの実態がプラミッド型なのを
知ってる人ならご存知の通り彼の生活も裕福でなはない。
メンバーである大神戸カントリー倶楽部の会員権は
奥さんがカメラ店を切り盛りしながらコツコツ貯めているし
毎月のラウンドも経済面で2ラウンドが精一杯の中、
クラブチャンピオンを10回も取っている
団塊チョット上の世代の憧れじゃないだろか。

そして、この映画は『リング/らせん』のプロデューサー
仙道武則が手がけたのだが、彼もまた兵庫県出身。
『震災前夜、実家に帰っていながら最終新幹線で
東京へ帰ってしまっていた。あのときもし滞在していたら
実家の母親に何かしてやれたのではないか…』

幸いにも彼の母親は無事だったそうだが、その『罪悪感』
にも似た気持ちが彼の映画配給へと気持ちを突き動かした。

『あれから10年、震災を風化することが怖い』
という被災者の声に突き動かされ映画化を決意。
映画化の製作発表会は'05年の11月、ちょうど一年前、
なんと宮崎県フェニックス・シーガイア・リゾートホテルで
タイガーウッズまで招かれていた。
勿論、古市さんとタイガーとのトーナメントなわけです
(スゴすぎる…)タイガー自身も震災に心をいため、これを
機にプロテストを受けた古市さんの人生に感銘を受けていた
ようです。

'06/11/24の公開前日には、神戸市役所前、
慰霊と復興のモニュメント1.17希望の灯り前で主演の
赤井英和さん、仙頭武則プロデューサー、古市忠夫さん
ほか参拝者で「ありがとう」完成の報告+感謝の参拝を
されたそうです。
『苦しいときこそ、歯をくいしばって笑うんやで』
自分を心配してくれる、愛してくれる誰かがいてこそ
の言葉ですね。ありがとう。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【 2006/11/28 16:52 】

sports  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

さよなら『丸物』もとい『プラッツ近鉄京都店』

marubutsu

『いつツブれるのかな~』と地元住民に危ぶまれ
とうとう'07年2月末に某ヨ○バシに売却決定となった
『近鉄百貨店京都店』通称プラッツ。これが
『丸物』というダサい名前の
百貨店だったのはご存知だろうか。
'20年(大正9)に創業した丸物(当時は『京都物産館』)は
'31年(昭和6)に『丸物』に社名変更、この建物は戦争前に
渡辺節氏の設計で建てられた。
彼は大阪綿業会館の設計者でもあり、昭和レトロ建築の
担い手の一人でもあった。
『近鉄百貨店』は大まかに分けて
中林仁一郎が創業した『丸物』から展開した百貨店と
『近畿日本鉄道』がテコいれした百貨店と二部門に別れ、
前者で現存するのは情けない話、『京都店』ただ一つ
創業者の中林氏の生存中は、丸栄などを共同出資の形で
創立したり、『丸物』も岐阜支店を皮切りに
池袋駅ビル(現在のパルコ本館)に進出を進めたが
中林氏の死後は業績も悪化、一族モノの悲劇をたどる形となる
一方の、『鉄道事業』サイドも、'91年~'98年まで
自社沿線に出店ラッシュを重ねたものの'01年に東京店の
営業権を三越に譲渡。
現在、東京店は大塚家具が、岐阜支店は中日新聞社の支店が
入っているらしい
これにより、バブル期の事業計画を見直した近鉄は
『沿線内の小規模出店+採算の取れない 店舗の閉鎖』
に特化する形となる。

ハッキリいってここ十年間、『近鉄京都店』をとりまく
大手百貨店の事情は『最後の丸物』にいかにも
京都人らしく(オイ)時代遅れやしツブれてくれ
とデパートに行くのが生きがいの若作りママからの
『ひそやかな仕打ち』を食らった格好になった
目の前に出来た『JR京都伊勢丹』に客をまず奪われ、
ミレニアムをすぎると、ダイヤモンドシティ・ハナ、
COCON烏丸、新風館などの複合施設に押され、JR駅周辺から
客層は阪急沿線になだれ込み、大丸、高島屋が改装し
どうしようもなくなった…

その京都店がかつて『丸物』だった頃、どんなものがあったのか
かつてここは七階建ての建物の6階が結婚式場で、7階は映画館
だったらしい。
結婚式場は'71年まであったそうだから、現在の団塊世代
の方にはもしかしたら記憶にあるかもしれない
TVもなかった時代、お正月は映画館だけはやっていて警察官が
暴動を押さえるために待機していたそうだ。
デパートの屋上が映画館というのは珍しくなく、今その名残を
残すのはHEPナビオ(旧ナビオ阪急)の上のナビオTOHO
(旧北野劇場)のようなものである。
kinntetsutower

勿論、当時は『京都タワー』のような建物もなかった
ので『このあたりにある一番高い建物の上に飛行機の
航空路を示す灯台が必要』というので『丸物』の屋上に
灯台が戦後暫くまで設置されていたらしく、その
レプリカが懐古展で売られていた、が価格が30万
…思い出深い人は買うんだろうなぁ…。

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

【 2006/11/24 10:13 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(1)  |

エジプトバハイ教事情

bahai
イスラム教一派で『世界宗教』名乗るからか
イスラム教から異端視されている少数宗教に
『バハイ教』というものがある。
人類の平和と男女平等、一夫一妻を唱える。
世界の主要な宗教の教祖は『相応しい所に
相応しい神様』がそれぞれの『教え』で現れてる
というのが教えらしい。
チョンマゲの長屋住まいのオッサンや侍のトコに
ターバン巻いた人やキリスト様がいてもダメだろうな...
というコトなんだろう。
本部はイスラエル北西部のハイファにあり、信者は
235ヶ国に600万人,大半の信者は欧米在住らしい。
僧侶や聖職者は存在しないんだそうで,日本に伝来したのは
大正時代、数人の欧米からのバハイ教信者が訪れる中、
30年以上に渡る長期滞在で根付かせた人物によって日本にも
バハイ教が取り入れられたらしい。

が'79年のイラン革命以降、バハイ教は『ユダヤ迫害』
と同じ目にあっている
'04年、バハイ教徒の身分証明書没収は信教の
自由を保障する憲法に違反するとして告訴した建築技師がいた。
『身分証の宗教欄に三大宗教(キリスト、イスラム、ユダヤ)
だけが書いてあり、それ以外の記入は許されないらしい
というエジプト。
つーコトは日本人が仏教でも極端なハナシ、ダメ
ま~エジプト行ったら『仏教なにそれ』だもんなぁ
エジプトの国教はイスラム教で、九割がコレ。
バハイ教徒は推定2000人。自宅のある北西部の中で
信者は彼だけだ。
村人は知ってはいたが日常でそういった差別はなかった
しかし、告訴した後、風向きが変わった。
13年勤め上げてきた会社からは退職勧告を迫られ、
今は工務店を経営している。
『宗教書を没収され寺院も閉鎖された、今は家の中で細々と
祈ってるだけ。政府は宗教指導者のいいなりだなんてどうかしてる。』
それにも関わらず、内務省は'80年代初頭信者への身分証発行
拒否を決めた。身分証がなければあらゆる公共サービスが
受けれなくなる。'83年に信者が提訴し、身分所は宗教欄を
空欄にしたものになり、当時は『担当者のミス』という形で
『黙認』する慣用さがエジプトの中にはあった。しかし'04年には
内務省の態度も硬化、そして、'06年4月、ようやくエジプト国内で
バハイ教を宗教と認める判決が言い渡されたが、それもいつ
暗礁にのりあげるかわからない。
多くの信者をかかえる欧米は懸念を隠せないでいる。

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2006/11/20 16:16 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

反省の色の見えない犯罪者に終身刑を

alvert
日本の無期懲役制度では何からの形で犯罪者が
社会に戻ってしまう。死刑と無期懲役の間の間に
仮釈放の適応されない『終身刑』を適応すべき犯罪は
あるのではないか

無期懲役、死刑に相当する重罪が横行する現在の日本社会
情けない話ながら刑務所に入ればメシを食いながら
死ねる
という理由で死刑を選ぶ犯罪者が
後を絶たない現状で、真面目に刑期を勤め上げている一部の
被告人の思いをないがしろにしているのも事実だ

'04年5月27日未明、宮崎市にあった自宅を放火され
愛する妻と娘を失った家具販売業のイタリア人
ストッキ・アルベルトさん('06年現在50歳)も『終身刑』を
強く望む一人だ。
放火犯は、連続放火魔であり、過去にも服役していたという
'05年6月宮崎地裁で無期懲役が確定されたが、これでは
いつ社会に戻り、自分の家族のような悲劇が起こるかも
しれない。
例え『放火』という事実が、犯人の一生癒される
事のない心の傷から来てるとしてもだ。

判決一ヶ月後、法務大臣に法の整備を求める要請書を手に
全国を回る署名活動をアルベルトさんは始めた
これまでに日本をほぼ一巡、今は二週目だ、各地の教会や
新聞社を尋ね、終身刑の設立を訴えている、秋口には現住所の
京都に戻ってくる予定らしい
『妻と子供の死を無駄にしたくないのです。
犯罪被害者の気持ちを汲み取った制度をぜひとも作って
欲しい

ストッキさんは今日も日本を回る。

テーマ:なんて事だ?? - ジャンル:政治・経済

【 2006/11/13 17:24 】

Culture  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

頭の中がGoogleだった男~はらたいらさんご逝去~

harataira

私の世代からすると、漫画家というより
『クイズダービーでいつも正解してるオジサン』
のイメージが強かった人だった。
まさかこんなに早く、昔なら、この『年齢』に『夭折』
って言葉はふさわしくなかったのだろうと思うのだけど
これだけ、壮年期に、見えない所で人知れず努力して
才能に溢れた人が、社会に知名度の高くなかった
男性更年期に悩まされる形となったのはいたたまれない

'06年11月10日、『クイズダービー』で司会をされた巨泉さんが
『酒好きで宴会の時も満遍なくボトルを開ける人』と称する程
だった人らしく、肝不全で埼玉県富士見市の病院で死去した。
63歳だった。

10代のころから漫画雑誌に投稿を始め、’63年にデビュー。
「ゲバゲバ時評」「モンローちゃん」などを発表し、
辛口ナンセンスギャクを売りにしていた。
’77年から、博識ぶりを買われ、「クイズダービー」(TBS系)に
レギュラー解答者として出演,その正解率が高さで約15年間
お茶の間の人気者となった。

あの驚異的回答率は、頭のよさもあるが、同じレギュラー回答者の
北野教授がトコトンダメだったのを見ても判るように、はらたいらの
解答率の正確さは、元々、マンガのヒントを探すための努力の成果だ
膨大な新聞や雑誌を、興味あるなしに関わらず、読む。
それがリンキングされ、蓄積されることで、日々、知識のヒントを探す
『頭の中がグーグル状態』の人だった。

こうしたTV界の一線から身を引いた後も、PCや英語など、
脳を活性化するチャレンジは怠らなかった矢先に襲い掛かった更年期。
それでさえも、持ち前の努力で分析した姿、酒好きの男性なら
身にしみて判ると思うが、酒に逃げようにも逃げられない事を
乗り切る苦しみやいかんだったとおもう。やっと、乗り切った矢先にあった
病を悔やみきれない。

今、学生のみならず社会人も情報収集の一番のツールは
インターネットだ。が、紙面で、学んだことを自己の脳内でリンキング
させていけば、知らずの内に『イヤみでない博識』になれる
そんな実例をつくった、彼のような人間はもう現れないのだろうか。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

【 2006/11/10 22:03 】

News  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

注文から2年半まちの鉄フライパン~錦見鋳造~

本当にいいものは宣伝する必要はないというが
それには『並みならぬ自社努力』も必要なのだろう。
『家の料理に一過言』もつ人なら、やはり『ナベにも
一過言』もっているはずなのだ。
それを『使うか使わないか』…案外ウンチクは多いけど
普段はスーパーの激安で買った雪平ナベでカレイの煮付け
作ってたりして(爆)…とそれはおいといて、
そういう私の家も、いいナベと、どうでも系のナベが
半分ずつの『混在家庭』である。
我が家に『いいナベ』が来たのは、オヤジが外車ディーラーの
社長の息子の結婚式の仲人をしたときで、引き出物が
ティファールのフライパンだった。
そんなもの貰ったコトもなかった当時の我が家
今までフライパンの代わりに無水鍋のフタだったので
随分焦げないフライパンだなぁ~
と感心ひとしお、それがティファールと判るのは娘の
私が料理を始めてからなので随分後になる。

が、母親がいうに、昔祖母が鉄の中華鍋で作ってくれた
完熟トマトとカレー粉は絶品だったらしい。
とうの祖母は○十年前のコトなので、作った記憶も定かで
ないのだけど、やはり、扱いにくいとはいえ、煮込みモノには
銅製、炒め煮込みには鉄鍋には勝てないんだろうか。

最近はフッ素加工や何十にも加工されたステンレスや軽金属の
鍋の質もよくなってきて、鉄鍋のように使いこなすまでに
何度も焼いて、水につけて、料理がこびりつかないように
手入れをする手間隙をかけるものは無くなってきた。
熱源がITに変わりつつあるのもそうだ。鉄の鍋は使えない。
でもギョーザやオムライスのように、外見カリッツ、中フワッ
という優しい味はプロの手で『鉄製』じゃないとなぁ…

そんなワケで探したら、ありました、今も尚、鉄のフライパンを
こだわって作ってるところが、しかも二年半まち
鉄鍋というと厚さ4.5mmというのが常識だったのを、特殊な
技術で厚さ1.5mmまで薄くしながら耐久性はそのまま。
扱いやすく、手入れもしやすい。最大の長所はIT調理器にも
使えるところだろう。
二年半待ってでも注文してみる価値はあるかもしれない
一生モノの鉄鍋、いかがでしょうか。
HPはこちらから。
http://www.nisikimi.co.jp/

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

【 2006/11/05 17:31 】

Food  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。